VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#165 『負けるわけにはいかない!』(弓島隆子/パワポケダッシュ/GBA)

www.youtube.com

コナミがおくる野球バラエティ・パワポケダッシュより、弓島隆子作曲、

『負けるわけにはいかない!』。全国大会決勝戦で流れます。

プロ野球を題材とする実況パワフルプロ野球の姉妹作として、任天堂の携帯機ハードを中心に展開する波乱万丈な野球バラエティ・パワプロクンポケットシリーズ、そのさらなる派生作として登場した本作。不慮の事故でボールに転生してしまった父親を野球の神さまの力で生き返らせるべく、蘇生の条件として天涯孤独の身となった主人公は少年野球で日本一を目指すことになる。野球は野球でもカード野球という簡略化したゲーム性が特徴で、投球と打球の威力とコースをカードで決めて簡単操作で野球を楽しむことができる。メインストーリー(表サクセス)の親父ボール編に加えて、裏サクセスとしてローグライク風のダンジョンRPGも用意されていて、密度の濃いエキセントリックなシナリオと相まって独特なセンスを持つ仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは大久保悟氏と弓島隆子氏。両名とも当時コナミに所属していた作曲家で、本作以外にもパワプロシリーズを幅広く手がけている。このうち弓島氏は本作では全曲作曲していて、大久保氏はその他のサウンドまわりを担当している。シリーズ伝統の、破天荒で型破りな世界観を大きく盛り上げる情熱的な楽曲が、本作も一通り揃っている。また、本作はGBA最終期、すでにDSが発売されて久しい時期に登場したことから、かなり円熟したクオリティのGBA音源が用いられている。サウンドトラックは未発売だが、ゲーム内のサウンドテストで曲名は判明している。

全国大会決勝戦、ようやく上り詰めた最高の大舞台で流れるこの曲は、イントロから一切出し惜しみしないパワフルな音使いが印象的である。限界を突き破るような目まぐるしい高音のアルペジオから始まり、続いて奏でられるヒロイックな旋律は、主人公の複雑な境遇を表現するにふさわしいメロディアスな仕上がりとなっている。最終試合にて繰り広げられる両チームの意地と意地のぶつかり合い、球児たちの負けられない思いが、この曲にすべて集約されている。

記事を書くにあたって記憶を呼び戻すべくパワポケシリーズについていろいろ調べましたが、面白さと懐かしさでつい予想以上に時間を喰われました。