VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#177 『Vulture』(星野康太/アーマード・コアV/PS3・X360)

www.youtube.com

フロムが手がけるメカカスタマイズアクション・アーマードコアより、

星野康太作曲、5の『Vulture』。大型ヘリの登場とともに流れます。

硬派な世界観と歯応えのある難易度のもと、毎度想像の斜め上を突っ走る技術力を引っ提げて登場するアーマードコアシリーズ。累計14作目、ナンバリング5作目にあたる本作は、3年もの開発期間を要して満を持して発売され、シリーズ初の試みとしてマルチプレイを大胆に取り入れたゲーム性が特徴である。詰めの甘さと調整不足が手厳しく批判されるなか、続編のVDでは多少の粗を残しつつ大幅に改善された。オンラインサービスは2014年に終了した。

本作の音楽を担当するのはMOA以降シリーズのサウンドの要とも言える齋藤司氏と星野康太氏に加え、FFやfAで作曲経験のある衛藤英幸氏に高山義和氏と、いずれもFreQuencyの所属メンバーである。とりわけ星野氏は本作の楽曲の大半を単独で作曲していて、ロック、テクノ、クラシック、アンビエントエレクトロニカなど、枚挙にいとまがないほどたくさんのジャンルから影響を受けた独自の作風は、本作でも遺憾なく発揮されている。

大型武装ヘリの襲撃の際に流れるこの曲は、激しく唸るヘビーメタル調のサウンドに、オーケストラ風の優雅なストリングスが融合して奏でられる、緊迫感あふれる一曲である。高速で複雑に刻まれるビートに、電子音楽特有の前衛的なヴァイブレーションを加えることで、身の毛もよだつくらいスリリングでエキサイティングな曲調を生み出すことに成功している。既成のジャンルにとらわれない音使いは、平穏とは程遠い、闘争心を掻き立てる仕上がりとなっている。

vultureの意味はハゲワシ。曲名までもがかっこいいですね。