VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#185 『Destine』(湯村渉/第2次スーパーロボット大戦OG/PS3)

www.youtube.com

古今東西のロボットが入り乱れるシミュレーションRPGスパロボより、

湯村渉作曲、第2次OGの『Destine』。味方時のグラキエースの戦闘曲。

ロボットたちの同窓会と言っても過言ではないほど様々な作品から登場人物が一堂に会するスパロボシリーズ。なかでもOGシリーズは、オリジナルジェネレーションという名称通り、版権作のキャラは一切出演せず、バンプレストオリジナルのキャラのみが登場するという異色のスピンオフで、生粋のスパロボ好きの間で人気を博している。本作はOGシリーズの第5弾、初のPS3作品で、HDへの移行に伴って大幅に進化したグラフィックと、相変わらず良質なシナリオおよびBGMは、どれも手堅くまとまっている。

本作の音楽を担当するのは湯村渉氏をはじめとする複数の作曲家たち。南原丈志氏や莉能美言氏はシリーズ初参戦で、スパロボサウンドおなじみのサラマンダー・ファクトリーの三名(鶴山尚史氏、花岡拓也氏、松島加代子氏)は引き続きの登板である。湯村氏はIMPACT以来シリーズに携わっていて、本作ではオリジナル曲を中心に作曲している。過去作からのアレンジはDやMX、LOEあたりが多くなっている。

氷のように冷たい人造人間・メリオルエッセの一人であるグラキエースは、Dでも指折りの人気キャラである。本作で再登場するにあたって、敵から味方へと転じたのち、その彼女専用の戦闘曲として流れるのがこの曲である。出典のDではDを頭文字にした曲名が大半を占めるなか、本作オリジナルのこの曲もその習わしに則った題名であり、「運命づける」という意味合いにふさわしい、どこか悲壮感漂うヒロイックな仕上がりである。凛冽な音色が奏でるアグレッシブな旋律は、クールビューティーな彼女の雰囲気にこれ以上ないほど合致している。

曲名までこだわっているのが何とも言えず良いです。