VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#187 『黄泉の華』(楠雅弘/ぐわんげ/AC)

www.youtube.com

室町時代を舞台とした純和風縦スクロールシューティング・ぐわんげより、

楠雅弘作曲、『黄泉の華』。3面の曲。

弾幕シューティングでは珍しく自機が徒歩で移動する陸戦のプレイスタイルを取っている本作。全編緻密に描き込まれた和の世界観は、ホラーテイストとも言える生々しいモンスターグラフィックが特徴で、縦スクロールと言えど状況に応じて横や斜めにもスクロールするなど、随所に変則的なシステムが目立つ。なかでも式神を用いる操作方法は、その癖の強さから習熟が難しく、ケイブシューおなじみの歯応えのある難易度を堪能できる。後年にはXBLAに移植されている。

本作の音楽を担当するのは楠雅弘氏。ケイブの作品では前年にエスプレイドにて全曲を作曲した経歴を持つ。エスプレイドの近未来風なテクノサウンドから一転、本作では和楽器をふんだんに使った古式ゆかしい繊細な楽曲が多い。どこかダークでグロテスクな雰囲気にふさわしいおどろおどろしさと、シューティングならではの爽やかさが、鮮やかに描き出されている。

怒涛の勢いで押し寄せる弾幕に、轟き渡る爆撃音。そんななかでひっそりと奏でられるこの曲は、幼子の愛らしくも不気味な笑い声から始まる雅な一曲である。琴を中心にした寂寥感たっぷりの音使いは、黄泉ということばから想起される底知れぬ恐ろしさと、華ということばから想起される計り知れぬ美しさを、一挙に表現している。漢字が違うものの同じく花を題名に冠した1面の曲『花吹雪』と比べると、両方とも笛の音が共通して流れるなか、『花吹雪』がピアノを主調とした生気あふれる仕上がりであるのに対し、この曲は死すら慈しむ優艶さを有している。

サントラには海田明里さんによるアレンジの他、内藤那津子さんが歌い上げるボーカル版も収録されています。前者はかなり趣向を凝らした大幅なアレンジですので、とりあえず分かりやすいところで以下に紹介するのは原曲『花吹雪』のみとしましょう。

www.youtube.com