VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#189 『だけど僕は何度でも立ちあがる』(未来古代楽団/グリムノーツ/iOS・And)

www.youtube.com

スクエニがおくる、童話の世界を旅するRPG・グリムノーツより、

未来古代楽団(砂守岳央・松岡美弥子)作曲、『だけど僕は何度でも立ちあがる』。

ボス戦で流れます。

赤ずきんや白雪姫など、誰もが知っている絵本を題材に、未だ知られざる新解釈を導き出す本作。2016年にスマホ向けに基本プレイ無料の完全新作として配信され、2018年には大規模なアップデートを経て、Repageと称する新章が開幕した。童話を基に綴られるオリジナルのシナリオと、スマホならではのシンプルな操作性は、ひとまず無事に二周年を迎えることができたことを鑑みると、まずまずの評価を得ている。

本作の音楽を担当するのは砂守岳央氏と松岡美弥子氏によるユニット・未来古代楽団である。現代というものが存在しない時間軸を想定した、少々風変わりなコンセプト音楽ユニットとして発足し、同じくスクエニのアプリであるディアホライズン(すでにサービス終了済)でも、アニメ化されたものもあわせて作曲に携わっている。本作では牧歌的な世界観を彩るにあたって、ケルト調に統一した温かみのある民族音楽が主体となっている。

戦闘曲と言えど惜しみなく哀愁を漂わせるこの曲は、その他の楽曲も軒並みそうであるように、印象に残りやすい曲名を冠している。フィドルとティン・ホイッスルによる怒涛の速弾きから始まり、題名にある「何度でも」ということばの通り、幾度となくメインフレーズを繰り返すことで、力強さを目一杯感じさせる。サビではイントロで笛が奏でていたメロディーをそっくりそのままフィドルに譲り、一通りループが終わるとまたイントロに回帰する。そうして片時のいとまも与えず記憶に刷り込まれた旋律は、運命への叛逆をも厭わない確かな勇気を与えてくれる。

ゲーム音楽ケルトは親和性が高い、という話は前にもしたかと思いますが、メルヘンチックな作風となると余計によく映えますね。