VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#194 『心奮わす「窮鼠の神楽」』(浜渦正志/シグマ ハーモニクス/NDS)

www.youtube.com

大正浪漫な風情を漂わせる異色のミステリーRPGシグマハーモニクスより、

浜渦正志作曲、『心奮わす「窮鼠の神楽」』。式札キュウソを装備した際の戦闘曲。

推理要素とRPG要素を融合させた意欲作として、スクエニから登場した本作。どこかレトロな趣のある和洋折衷の世界観のもと、音楽を中心に据えた独特なゲーム性は、実験的ながらも発想の面白さが際立っている。戦闘は式札と呼ばれるカードを選択して進行し、式札のなかには戦闘中に流れる楽曲を変更する特性を持つものがあるなど、一風変わったシステムとなっている。

本作の音楽を担当するのは浜渦正志氏。マニピュレートに関しては鈴木光人氏が担当している。浜渦氏は発売当時はスクエニに所属していて、その透明感あふれる作風で広く知られている。本作はとりわけ音楽に力を入れた作品で、DSのような携帯機でありながら全曲生音でストリーミング再生しているため、氏の楽曲はどれも生き生きとした高音質で奏でられる。

キュウソを装備した際に流れるこの曲は、規則的に鳴り響くピアノの重低音と、ストリングスの伸びやかな旋律が印象的である。厳粛な雰囲気を纏ったピアノの伴奏に、艶やかで品やかな弦楽の音色が加わることで、メロディーラインの美麗さを引き立たせている。2分手前、二度目のサビが過ぎたあたりで挿入されるパートは、さらに美しさに磨きをかけたストリングスと、今までの重々しさから打って変わって軽やかで幻想的な音階を奏でるピアノの音色が合わさって、琴線に触れるような開放感を演出する。

戦闘性能の良い式札をとるか、気に入った音楽を奏でてくれる式札をとるか……やはり後者、ですかね。