VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#196 『3rd Time's the Charm』(柴田徹也・米田悦子/バイオハザード アウトブレイク/PS2)

www.youtube.com

サバイバルホラーの金字塔・バイオハザードシリーズより、松本晃彦作曲、

柴田徹也および米田悦子編曲、アウトブレイクの『3rd Time's the Charm』。

タナトスRとの通算三度目の勝負で流れる戦闘曲で、意味は「三度目の正直」。

生物災害を題材に、ゾンビたちが蔓延るグロテスクな世界観からの究極のサバイバルを描くバイオハザードシリーズ。過激な流血描写や生々しい肉体損壊が特徴で、恐怖と絶望の底なし沼に否応なしに引きずり込む鮮烈なゲーム性は、国内外問わず熱狂的な人気を集めている。本編の他に外伝のシリーズ展開も充実していて、オンラインプレイに重きを置いた本作は、プレイヤーキャラが軒並み一般市民であることも相まって、スリリングなホラーアクションを堪能できる。オンラインサービスは2011年に終了しているが、本作のリメイクを望む声もすくなくない。

本作の音楽を担当するのは松本晃彦氏の他、柴田徹也氏をはじめとする、当時カプコンに所属していた作曲家たちなどから成る総勢六名である。松本氏は踊る大捜査線シリーズなど、主に映画やドラマの劇伴を作曲することが多く、ゲーム方面では本作にのみ携わっている。本作では本家シリーズの作曲家は参加していないが、シネマティックな作風に合わせた緊張感あふれる楽曲が一通り揃っている。

何度も行く手を阻むタナトスは、死神の名を冠したタイラント(究極の生物兵器)である。タナトスRとして再誕し、三度目の決戦、すなわちラストバトルで流れるこの曲は、メインテーマにあたる『BIOHAZARD OUTBREAK MAIN TITLE THEME』(松本晃彦作曲)の戦闘曲アレンジである。じっくりと徐々に盛り上げていくオーケストラ調の優雅なメインテーマから一転、この曲は出し抜けに響き渡る悲愴なコーラスから始まり、続いて思わず戦慄が走るほどの切迫感を音の一つ一つに滲ませている。楽器とテンポを弄ることで曲そのものの印象ががらりと変わる好例である。

ラスボス戦がメインテーマアレンジというのは常套手段ですが、いいものですね。ぜひメインテーマと聴き比べてみてください。

www.youtube.com