VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#204 『駆け抜ける電光』(川上領/蒼き雷霆 ガンヴォルト/3DS)

www.youtube.com

インティ・クリエイツが手がけるライトノベル2Dアクション・ガンヴォルトより、

川上領作曲、『駆け抜ける電光』。オノゴロフロートのミッションで流れます。

ロックマンシリーズで知られるインティ・クリエイツの初のパブリッシングタイトルとして、3DS向けにダウンロード専用で登場した本作。ジャンル名にライトノベルとある通り、ライト層を意識したクールでスピーディーな作風が特徴で、ロックマン譲りの爽快なアクションと個性豊かなキャラクターで彩られる熱いシナリオが、お値段以上の仕上がりとなっている。続編に爪がある他、今後白き鋼鉄のXなる番外編をスイッチにリリースする予定で、着実にシリーズ展開を進めている。

本作の音楽を担当するのはインティ・クリエイツ所属の川上領氏、畑添美奈氏、山田一法氏、吉田克則氏の四名。このうち山田氏はインティ・クリエイツの創設者である傍ら、サウンドプロデューサーも務めている。SFチックな世界観に合わせた近未来風の音使いが印象的で、ゲーム中では一定の条件を満たすことでヒロインのモルフォが歌うボーカル曲に切り替わるという仕掛けも用意されているなど、音楽には力を入れている。

巨大な人工島オノゴロフロートは、絶えず風雨にさらされるスリリングなステージである。そこで流れるこの曲は、強風の勢いを感じさせる疾走感あふれる一曲である。イントロからすでに絶頂の盛り上がりの状態で奏でられる旋律は、電子音特有の荒々しさを表現した、突き刺すような鋭さを有していて、ミッション攻略の士気を高めてくれる。終始ハイテンションに響き渡るエレクトロニックサウンドは、雷霆の如く駆け抜けるスタイリッシュなゲーム性を見事に反映している。

曲調といいリズム感といい、この曲はなんだか丸ごとガンヴォルトの魅力を凝縮したような気さえします。アームドブルーも良いですが、英語名のアズールストライカーってのもなかなかそれっぽくてかっこいいですね。