VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#207 『旅路~ボクは〇〇になれるのかな?~』(景山将太/仮面の勇者 ~心の迷宮RPG~/iOS・And)

www.youtube.com

コアゲームスがおくるRPG・仮面の勇者より、

景山将太作曲、『旅路~ボクは〇〇になれるのかな?~』。迷宮探索時に流れます。

かまいたちの夜などで知られる麻野一哉氏が全体監修を手がけ、スマホ向けに基本無料・アイテム課金制のRPGとして登場した本作。魔王なき時代、勇者の末裔として生まれたひきこもりの少年・アレックスは、魔王討伐の足跡をたどる先祖代々伝わる儀式をおこない、プレイヤーはその指南役として彼を導くことになる。配信当初からエンディングまで収録されていて、繊細な心の機微を描いたシナリオが特徴である。戦闘では6×6のマス目状を決められた手数で一筆書きして、攻撃や回復に必要なアイコンを集めながら出口を目指す、パズル要素の強いシステムを導入している。スキマ時間にさくっと遊べるシンプルな仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは景山将太氏。フリーランスの作曲家で、スマホ向けの作品を担当するのはDoki!Doki!デブリーズパズルに引き続き本作が2作目である。ポップでファンシーな雰囲気のそちらとは異なり、本作の音楽はファンタジーの世界観にあわせて優雅なオーケストラ調になっている。同じフレーズがライトモチーフのような感覚で随所で引用されるなど、楽曲全体に統一感が生み出されている。サウンドトラックはボーナストラックも含めて収録されている。

洞窟や森、平原や墓地はもちろんのこと、自室やそこから一歩踏み出した家の廊下まで、ひきこもりのアレックスにとっては冒険の舞台となり得る。そのことごとくのマップで流れるこの曲は、しなやかなストリングスのアンサンブルで奏でられる情緒豊かな一曲である。途中から挿入される、遠くのほうで聴こえるカスタネットのような打音は、異国を旅するときに感じる期待と不安の入り混じったざわめきを覚えさせる。哀愁を漂わせつつ冒険心をくすぐる旋律は、ループ直前にピッチカートを持ってくることで、弾けるような勇ましさをも滲ませる。

この曲のメロディーもいくつか他の曲で使われていて、一番印象的なのは終盤にてアレックスが一念発起するシーンで流れるブラスアレンジ『勇者アレックス』です。あわせてどうぞ。

www.youtube.com