VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#212 『東京─試練は交錯する』(古代祐三/セブンスドラゴンIII code:VFD/3DS)

www.youtube.com

イメージエポックに変わってセガがおくるナナドラシリーズ最終作・3より、

古代祐三作曲、『東京─試練は交錯する』。

東京スカイタワーをはじめとする現代のダンジョンで流れます。

人とドラゴンの果てしなき闘争を描いたセブンスドラゴンシリーズ。本作は無印から続く一連の物語の完結作として、ハードを3DSに移し、開発もセガへと変わって登場した。スタッフまわりは大きく入れ替わったものの、過去、現代、未来を股にかけた壮大な冒険は、終盤にかけて畳みかけるように二転三転する衝撃的なシナリオと相まって、シリーズ最終作にふさわしい遊び応えのある出来栄えである。

本作の音楽を担当するのは古代祐三氏とsasakure.UK氏。このうち古代氏はシリーズ通して作曲を務めていて、ささくれPは2020以降歌ものを提供している。初音ミクによるDIVAモードこそないものの、Annabelやeufoniusriyaなどをボーカルに据えたテーマソングは、その演出とあわせて高く評価されている。古代氏が担当するインストゥルメンタルの楽曲に関しては、三つの時代それぞれの独特な世界観を反映したバラエティ豊かなものが揃っている。

西暦2100年、東京。真竜の襲撃を二度ほど受けてなお力強く繁栄する現代(プレイヤーからすると近未来だが)のダンジョンで流れるこの曲は、序盤に訪れる東京スカイタワーや中盤の東京地下道、紅杭の塔など、ゲーム中で何度も耳にする一曲である。エレクトロニカ調の落ち着きのあるサウンドが、サビに至るまで同じフレーズを反復することで、徐々にゆっくりと盛り上げていく。1分半手前でブレイクすると、そこから解放感たっぷりに響くエレクトロニックな旋律は、どんな困難にも果敢に立ち向かう主人公たちの勇姿を表現するかのごとく粘り強く奏でられ、やがて静かにループへと回帰する。

世界樹の新作発売を祝して古代さん繋がりで紹介してみました。この曲はサントラにボーナストラックとしてTeddyLoid氏がリミックスしたボーカルアレンジが収録されていて、EDM感の強いクールな仕上がりになっています。『東京─試練は交錯する (TeddyLoid Remix) feat. Annabel』、あわせてどうぞ。

www.youtube.com