VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#213 『デラーリン戦』(戸高一生/カエルの為に鐘は鳴る/GB)

www.youtube.com

パロディ満載なドタバタアクションアドベンチャーカエルの為に鐘は鳴るより、

戸高一生作曲、『デラーリン戦』(仮称)。デラーリンとの戦いで流れます。

1992年にゲームボーイ向けに発売された本作。さらわれた姫を取り返すため、おっちょこちょいな熱血王子が旅に出るという王道を突っ走るシナリオでありながら、いたるところにパロディやジョークの数々が待ち受けるシュールさが、笑いあり涙ありの冒険活劇を鮮やかに彩る。人間とカエルとヘビの三つの姿を切り替えて進められる物語は、ほぼ一本道のゲーム性だが、非常に高い完成度を誇る。

本作の音楽を担当するのは任天堂所属の戸高一生氏。とたけけの愛称で親しまれる氏は、今でこそたくさんのゲーム音楽を担当しているが、当時はまだデビューしたてである。本作は初めて氏が全曲単独で作曲をおこなった作品であり、氏の得意とするコミカルでユーモラスな作風は、音数のすくないなかでも遺憾なく発揮されている。ニンテンドーサウンドセレクションに本作より『メインテーマ』と『王子の冒険』が収録されている以外は、サウンドトラック未発売のため正式な曲名は明かされていない。

ゲーム中での戦闘は原則的に完全にオートバトルであり、それゆえラスボス戦もすこし工夫されているものの地味さは拭えない。そんななか、宿敵デラーリンとの戦闘を否応なしに盛り上げてくれるのがこの曲である。勇ましさと物悲しさを兼ね備えた旋律は、ここに辿り着くまでの熱い展開と相まって、1ループが短いながらもとても印象に残りやすい。ノリノリなパーカッションとともに煌びやかに奏でられる伴奏が、本作の愉快な雰囲気をうまく表現している。

そういえばペーパーマリオにブタのためにカネはなるというステージがありましたよね。パロディのパロディ、ってやつでしょうか。