VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#219 『ドラキュラ城』(山根ミチル/悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲/PS)

www.youtube.com

コナミが手がけるゴシックホラー調の探索型アクションRPG悪魔城ドラキュラより、

山根ミチル作曲、月下の夜想曲の『ドラキュラ城』。城入り口で流れます。

1986年に初登場して以来、コナミを代表するホラーアクションとなった悪魔城ドラキュラシリーズ。ドラキュラ伝説が残る中世ヨーロッパを舞台に繰り広げられるシリーズのうち、本作はとりわけゲームシステムの転換点となっていて、それまでの2Dステージクリア型から探索に特化したアクションへと変わった。難易度が従来の作品と比べて易しめになっているなか、やり込み要素は非常に豊富で、探索し甲斐のある仕上がりとなっている。セガサターンXBLAPSPなど、様々な機種に移植されている。

本作の音楽を担当するのは山根ミチル氏。セガサターン版では編曲のみで大園哲也氏、岡田蘭氏、辛島純子氏が参加している。山根氏はドラキュラシリーズに関してはメガドライブバンパイアキラーで作曲を務めて以来二度目の参加で、以降シリーズの多くに携わっている。本作では、ハードでキャッチーな今までのドラキュラサウンドとは一線を画する、艶やかで耽美的な曲調が特徴である。

プロローグを終え、いざ城入り口に赴いたときに流れるのがこの曲である。飾り気のないストレートな曲名に反して複雑に絡み合う音使いは、夜の静けさと禍々しさをまとめて表現している。不安を煽るようなイントロから始まり、重厚感のあるドラムとともに流れ出す主旋律は、優雅なストリングスや荒々しいエレキギターによる伴奏と合わさって、徐々に音階をのぼっていく。ひとたび高音を奏で終えると、今度は風が唸るような不穏な効果音と一緒に、好奇心をくすぐる煌びやかな音色が響き渡り、ループへと入っていく。ダークな雰囲気を醸しつつ、内に秘めた信念の強さを窺わせる様子は、本作の主人公アルカードの姿を彷彿させる。

アルカードは参戦しませんでしたが、昨日のスマブラダイレクトでシモンとリヒターの参戦が発表されましたね。音楽に関してはドラキュラシリーズは34曲分収録されるとのことですが、この曲も入るそうなのでひとまず安心です。