VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#223 『Triceratops』(Arne Hörberg/ガンマンストーリー2/3DS)

www.youtube.com

Hörberg Productionsが手がけるガンマンアクション・ガンマンストーリーより、

Arne Hörberg作曲、2の『Triceratops』。ステージ曲の一つ。

ダウンロード専用の西部劇風アクションゲームとして、スウェーデンのインディーゲーム会社Hörberg Productionsが開発した本作。フライハイワークスがローカライズを担当していて、お手頃な値段とさくっと遊べるボリュームによるオーソドックスなゲーム性が魅力である。前作同様に基本的にウエスタンテイストでありながら、本作では恐竜が出てきたりパンダが登場したりするなど、何でもありな世界観に磨きがかかっていて、ステージによっては横スクロールから3Dアクションまで、いろいろ楽しめるようになっている。

本作の音楽を担当するのはArne Hörberg氏。メンバー二人で構成されるHörberg Productionsのうちの一人で、前作に引き続き単独で作曲を担っている。いかにもマカロニウエスタンな質素な曲調は本作でも健在で、アジアに行っても雪国に行っても、多少の振れ幅はあるものの、終始西部劇らしさを崩さないスタイルはとても潔い。サウンドトラックは氏のbandcampにて前作とともにかなりリーズナブルな価格で配信されている。

トリケラトプス、恐竜の代名詞として知られる大型草食竜を乗りこなして進むステージで流れるこの曲は、哀愁を帯びたギターの音色で奏でられるスピーディーな一曲である。疾走するトリケラトプスにあわせてリズミカルに反復するメロディーは、カントリーミュージックならではの飾り気のない素朴さが印象的で、その旋律は異国情緒を漂わせつつ郷愁をも誘う。荒寥とした雰囲気のなかにきらりと光る音使いが、本作の作風をひとまとめに表現している。

前作とセットで買って、それにサウンドトラックを合わせても800円に満たない良心的な価格設定です。お得ですね。