VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#229 『温泉郷ユノハナ』(ryo/ブレイブリーセカンド エンドレイヤー/3DS)

www.youtube.com

スクエニがおくる原点回帰の王道ファンタジーRPG・ブレイブリーシリーズより、

ryo作曲、セカンドの『温泉郷ユノハナ』。ユノハナで流れます。

FFの外伝作・光の4戦士の流れを汲む完全新作として登場したブレイブリーデフォルト。個性豊かなキャラクターたちが紡ぐ、クリスタルを軸とした正義と葛藤の物語は、陰鬱な要素が多分に含まれながらも完成度が高く、その続編にあたる本作も大きな期待を寄せられていた。蓋を開けてみるとシステム面こそ正統進化していたものの、他の部分はかなり手厳しい批判を喰らうことになった。

本作の音楽を担当するのは、前作のRevo氏から変わってsupercellのryo氏。ryo氏は主にボーカロイドを用いた楽曲づくりで活躍している作曲家で、本来ボーカル曲を得意としているが、本作ではインストゥルメンタルに挑戦している。音楽の評判が良かった前作からの流用曲がすくなくないなか、とりわけ戦闘曲に関しては、そのシチュエーションと相まって本作ならではの存在感を放っているものもある。

火山の恵みにより繁栄したエイゼン地方の北東に位置する温泉郷ユノハナは、和の風情を漂わせた風光明媚な街である。そこで流れるこの曲は、わびさびの心を感じさせるしっとり落ち着いた一曲である。尺八の特徴的なイントロから始まり、和楽器をふんだんに用いながら静かに盛り上がりを見せる曲調は、伴奏を務めるピアノの音色と合わさって、独特な聴き心地の良さを誇る。その優しい音使いには、閑寂さのなかにきらりと輝く美しさが秘められている。

戦闘曲を扱っても良いのですが、ブレイブリーシリーズの楽曲は全体的に街曲のほうが好みです。前作ですとエタルニア公国の『不死の国』、フロウエルの『艶花の国』、本作はこの曲。フロウエルはいつか紹介したいですね。

thytimes.hatenablog.com