VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#230 『Brilliant Streamer』(土屋俊輔/アナザーエデン 時空を超える猫/iOS・And)

www.youtube.com

Wright Flyer Studiosがおくるシングルプレイ専用スマートフォンRPG

アナザーエデンより、土屋俊輔作曲、『Brilliant Streamer』。現代でのボス戦の曲。

クロノトリガーシナリオライターとして知られる加藤正人氏と、同じくクロノトリガーの作曲家として知られる光田康典氏のタッグでおくられる本作。バルオキー村に暮らす警備隊の青年・アルドは、突如さらわれてしまった妹・フィーネの足跡をたどるうちに、時空の穴に飲まれて過去と現代と未来を股にかけて大冒険に出ることになる。スマホ作品にしては珍しくソーシャル要素を一切排除し、純粋なシングルプレイに徹している。壮大かつ丁寧に描き込まれた物語と、濃密なボリュームとが特徴で、アビリティの解放やクラスチェンジなど、RPGの主要な成長要素が完備されている。

本作の音楽を担当するのは光田康典氏、土屋俊輔氏、Mariam Abounnasr氏。いずれも音楽制作会社プロキオン・スタジオ(光田氏が代表を務める)に所属する作曲家で、光田氏はメインテーマの作曲など担当する楽曲はごく一部に留まっているなか、主に土屋氏とAbounnasr氏が中心となってサウンドをつくりあげている。Abounnasr氏は本作以前には蒼き革命のヴァルキュリアで編曲とオーケストレーションを担った経験があるが、ゲームの作曲は初めてである。音楽が目玉要素として扱われている本作では、オーケストラや民族楽器による質の高い楽曲群が揃っている。また、当初は上記三名で作曲していたが、最近ではWright Flyer Studios所属の山上毅氏や林茂樹氏らも作曲に加わっている。サウンドトラックは複数枚に分かれて発売されている。

AD300年、建国から300年の節目となる現代にて、ボスと対峙する際に流れるのがこの曲である。勢いあふれるストリングスから始まり、序盤から出し惜しみしないエレキギターのクールな伴奏や、ピアノとハープの美しい演奏を交えながら曲は展開していく。サビではストリングスの独壇場とすら言える力強い盛り上がりを見せ、その伸びやかな旋律は、次のループに備えて目一杯の高音を奏でた後、再始動する。幾多の時空を駆け巡る冒険譚にふさわしい、鮮やかで壮大な一曲である。

記事執筆当時からすこし作曲家まわりの事情が変わったようなので、内容を追記・更新しました。