VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#235 『Rave On』(高田雅史/killer7/GC・PS2)

www.youtube.com

グラスホッパーマニュファクチュアがおくる多層人格アドベンチャーkiller7より、

高田雅史作曲、『Rave On』。羈絆門にて流れます。

奇を衒った作品を数多く開発しているGHMのうち、とりわけ狂気じみたカオスなセンスが光る本作。スミス同盟と呼ばれる殺し屋集団に所属するスミス姓の登場人物を切り替えながら進行する、エロもグロもユーモアもペーソスも入り混じった癖だらけのシナリオは、欧米を中心に数々の賞を受賞するなど、その芸術性が高く評価されている。本作はゲームキューブPS2の同時発売だが、PS2版は表現に規制がかかっていたりロードが遅かったりする。

本作の音楽を担当するのは高田雅史氏と福田淳氏。両氏はGHM関連の作品ではよくタッグを組んで作曲している。本作では、このうちメインコンポーザーを務める高田氏の楽曲が大半を占めている。それらの楽曲は、どすの効いた世界観に沿った、先鋭的でサイケデリックでともすればアシッドに近い、かと思いきやイージーリスニングのようなニューエイジ調のものまで、各種取り揃えられている。

ゲーム中にたびたび訪れることになる羈絆門は、各章においてボスの居所に辿り着く中途に待ち受ける関所のような場所である。そこで流れるこの曲は、特徴的なドラムイントロから始まり、次から次へとダンサブルな電子音が押し寄せてくる一曲である。何度も何度も似通ったフレーズを繰り返し、メロディーが耳に馴染んだ頃、3分手前で新たなパーカッションパートが追加され、より過激な、より猟奇的なヴァイブを漂わせる。ラストは猛り狂ったかのようなアウトロで締めくくることで、不穏で常軌を逸した空気感が余韻として残る。

いいですね、すごく好きです。イントロやアウトロの怒涛のドラムのかっこよさはもちろんのこと、メインとなるメロディーラインそのものの中毒性が魅力です。