VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#237 『逆襲の時!』(田川義浩・田中昭一・渡邊紀如/パワプロクンポケット13/NDS)

www.youtube.com

コナミが手がけるてんやわんやの野球バラエティ・パワプロクンポケットより、

田川義浩・田中昭一・渡邊紀如作曲、13の『逆襲の時!』。地方大会決勝戦の曲。

実況パワフルプロ野球の外伝作品として、外伝という立ち位置に留まらない奇天烈な存在感を醸すパワポケシリーズ。13作目にあたる本作は、逆襲を軸にした王道なサクセスシナリオと、集大成と名高い戦略性に富んだ裏サクセスの両方が噛み合った、シリーズのなかでも比較的とっつきやすい作品として知られている。パワポケシリーズは続編の14で完結しているが、復活を望む声もすくなくない。

本作の音楽を担当するのは田川義浩氏、田中昭一氏、渡邊紀如氏の三名。コンポーザー名義の彼らの他にも、サウンドディレクターやデザイナーとして、総勢七名が音楽づくりに携わっている。本作ではキャッチコピーの「うおおおおおおお 激アツ!野球」に違わぬ情熱的な楽曲が多く、球児たちの忘れられない夏を色鮮やかに彩ってくれる。

地方大会決勝戦、一つの節目である試合にて流れるのがこの曲である。一時はチームメイトとして共に戦った、親友でありライバルでもある幼馴染と決着をつけるこの試合は、ストーリー上、甲子園本戦を上回る盛り上がりを見せる。その熱気あふれる戦いにふさわしい、爽やかで伸びやかなメロディーラインは、まるで歌モノであるかのようなはっきりとした音使いが印象的である。サビではいかにもチャンステーマらしいパワフルなトランペットが幅を利かせ、サビが終わる頃には一抹の哀愁を漂わせながらも、ループに突入して力強く再起する。

パワプロの日は昨日だったので、一日遅れになりましたが紹介してみました。決勝戦はまさに因縁の対決、ゲーム中ではここで実況が入るのがまた一興です。