VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#243 『旅立ち』(谷岡久美/ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル/GC)

www.youtube.com

FFシリーズ久しぶりの任天堂ハードへの復帰作・クリスタルクロニクルより、

谷岡久美作曲、『旅立ち』。リバーベル街道で流れます。

FFシリーズの外伝として、久々の任天堂ハードとなるゲームキューブ向けに発売された本作。本作はナンバリングの本編とはやや趣向の違う、マルチプレイ重視で世界観を大事にしたつくりが特徴である。人々を取り巻く瘴気から身を守る手段としてミルラの雫を求める物語は、絵本のような丁寧なタッチと美しくファンタジックなグラフィックと相まって、クリスタルクロニクルシリーズならではの良質な仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは谷岡久美氏。FF関連ではこれより以前にチョコボでの作曲経験がある他、直近に発売されたFF11でも作曲に参加している。本作では優しくも切ない作風に合わせて、民族楽器を用いた楽曲が多く、ボーカル曲にあたる主題歌の作曲も氏が担当している。以降のFFCCシリーズでも同様の路線を辿っている。

バーベル街道は序盤も序盤、ミルラの雫を探しに最初に立ち入ることになるダンジョンである。小鬼が棲むという不吉な伝承が残ることから徐々に使われなくなり、今では魔物たちがうろつく廃街道となっている。物憂げなナレーションが語るそんな寂れた雰囲気とは裏腹に、清涼感たっぷりの水の描写とともに流れ出すのが、この曲である。透明感あふれる笛の音を中心に、安穏と退廃の境界線を彷徨いながら奏でられる繊細なメロディは、民族音楽特有の郷愁と温もりを感じさせる。FFCCの魅力が、この序盤のダンジョン曲の時点ですでに凝縮されている。

River Bell Pathと書かれた優雅な筆記体と、空にぼうっと浮かぶ虹を背景に、そっと流れ始める……この曲はシチュエーション込みでさらに魅力が増すものだと思うので、ぜひナレーションと一緒にどうぞ。

www.nicovideo.jp