VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#246 『Valley of Salvation』(工藤吉三/Caladrius/X360)

www.youtube.com

MOSSがおくる新時代ゴシックホラーシューティング・Caladriusより、

工藤吉三作曲、『Valley of Salvation』。ステージ2の曲で、意味は「救済の谷」。

雷電シリーズで知られるMOSSが、いつもの硬派な雰囲気から一転、ライトユーザーをターゲットにつくった本作。錬金術を下敷きにしたファンタジックな世界観に、キャラクターを売りにした作風が特徴である。シューティング自体のゲーム性は雷電譲りの堅実な仕上がりとなっているが、一定のダメージが蓄積すると服が破ける羞恥ブレイクが存在するなど、意欲的な要素も詰め込まれている。

本作の音楽を担当するのはベイシスケイプより工藤吉三氏、千葉梓氏、並木学氏の三名。このうち並木氏はすでにベイシスケイプを退社している。数々のシューティングゲームに携わってきた氏らは、同じくゴシックホラーというコンセプトではケイブデススマイルズの作曲も担当しているが、本作の楽曲は、音楽の評価が高いそちらと遜色のないクオリティとなっている。ダウンロードコンテンツとして8bitサウンドパックが有料配信されていて、そちらでは原曲とは一味違うレトロ感満載な刺激的な音色も堪能できる。

最初のステージを抜け、辿り着いた先のステージ2にて流れるのがこの曲である。非常に爆発力のあるヒロイックなストリングスから始まり、重厚なエレキギターと軽快なハープシコードが繰り出す鮮やかな音階が後を追う。矢継ぎ早に畳みかけてくるシンフォニックな音使いは、すべてがサビと言わんばかりの絶頂の盛り上がりを維持し続け、その旋律は重苦しいながらも不思議と開放感にあふれている。

いかにも工藤さんっぽい高密度なロックナンバーですね。

thytimes.hatenablog.com