VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#247 『the battle of your soul』(梶浦由記/ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき]/PS2)

www.youtube.com

モノリスソフトがおくるRPGゼノサーガより、

梶浦由記作曲、エピソード3の『the battle of your soul』。E.S.戦で流れます。

ゼノギアス譲りの奥深い世界観と難解なストーリーを受け継いだゼノサーガシリーズのうち、ナンバリング3作目にして完結作にあたる本作。前作から一年、ヴェクター・インダストリーに所属する主任研究員・シオンは、これまでのグノーシス現象の原因に会社が深く関与していることに気付き退社を決意、暗躍する最新型アンドロイド・T-elosに翻弄されつつ真相解明を目指すことになる。シリーズの集大成ということで、今まで登場してきたキャラクターたちによる因縁の物語の総決算に重きを置いていて、冒頭から駆け足気味でやや説明不足なきらいがあるが、複雑な内容をまとめ上げた壮大なシナリオとなっている。システム面では特に戦闘において全体的に演出が強化され、よりテンポよく進められるようになったほか、用語を解説するデータベースが復活している。総じて紆余曲折ありながらも完結にこぎつけた仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは梶浦由記氏。前作ではムービーパートのみの作曲だったが、本作ではゲームパートも含めて全曲単独で作曲している。氏はアニメや映画などの劇伴や主題歌の作曲を幅広く担当している作曲家で、造語や変拍子が盛り込まれた幻想的なスタイルで知られている。本作では前作のサイバーパンク風な曲調から一転、光田康典氏が作曲を務めていた前々作に倣ったクラシック調の雄大な楽曲が揃っている。サウンドトラックは発売されているものの、未収録曲が非常に多いのが難点。

神なるモノを意味するE.S.とは、圧倒的な性能を誇る人型戦闘端末兵器である。この巨大ロボットに乗り込んで、前作でも前々作でも敵として立ちはだかった狂信者・マーグリスなどと戦う際に流れるのがこの曲である。氏が得意とする造語は一切含まれない純粋なインストゥルメンタルだが、ストリングスの魅力を余すことなく引き出した優雅なメロディーラインは、魂を鷲掴みにする独特な中毒性がある。歌うように滑らかに奏でられるストリングスに、どこか哀愁を秘めながらも力強く響き渡るトランペットが重なり合うことで、前作と比較して格段と爽快感が増した戦闘を鮮やかに盛り上げてくれる。

PXZでも本作のキャラが参戦している都合上、この曲も収録されていますが、そちらでは美しさを削って勇ましさを加えたアレンジが聴けます。一応紹介しておきましょう。

www.youtube.com