VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#253 『バトル#3』(塩生康範/エストポリス伝記II/SFC)

www.youtube.com

ネバーランドカンパニーがおくるRPGエストポリス伝記より、

塩生康範作曲、2の『バトル#3』。四狂神戦で流れます。

神々と英雄の戦いを描くエストポリスシリーズのうち、ナンバリング2作目にあたる本作。前作では虚空島戦役から99年後の世界を舞台としていたが、本作ではその前日譚、すなわち虚空島戦役に至るまでの道のりそのものが題材で、怒れる四狂神を相手に、世界を救う宿命を背負った青年・マキシムとその仲間たちの戦いが描かれる。前作譲りのオーソドックスなシナリオに個性豊かなキャラクターはそのままに、ダンジョン内でのランダムエンカウント制は変更され、新要素のステップムーブシステムにより敵と接触することで戦闘開始となるシンボルエンカウント制へと一新された。モンスターを仲間にして一緒に戦うこともできるようになり、新旧要素を混ぜ合わせながら手堅くまとめった仕上がりとなっている。後にDSでアクションRPGという形でリメイクされた。

本作の音楽を担当するのは塩生康範氏。当時ネバーランドカンパニーに所属していた作曲家である。DS版のアレンジは、同じくネバーランドカンパニー所属の中島享生氏と森田朋子氏が手がけている。前作で好評を博した塩生氏の音楽は、本作でさらにパワーアップし、戦闘曲を中心に、王道RPGにふさわしい直球勝負でキャッチーなメロディーが堪能できる良質な楽曲が揃っている。サウンドトラックについては、シリーズの楽曲を網羅したものと、前作とあわせて新規デジタル録音で収録したもの、加えてDSのアレンジ盤がそれぞれ存在する。

四狂神は前作でも本作でも因縁の敵として立ち塞がることになるが、その彼らとの戦いで流れるのがこの曲である。じりじりと和音を重ねながら威圧感を醸し出し、イントロが明けたあたりで切なくも勇ましい旋律が奏でられる。伴奏のエレキギターとパーカッションが、英雄たちを鼓舞するかのように決然と響き渡ると、トランペットと思しき音色がそれに応えて伸びやかな音使いを披露する。サビでは同じフレーズを繰り返して力強さを表現し、決して一筋縄ではいかぬ緊張感たっぷりの戦いを華麗に彩ってくれる。

中島さんによるDSのアレンジは、音源が変わってもシンプルなロックナンバーのままで、原曲に忠実な感じです。あわせてどうぞ。

www.youtube.com