VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#257 『幻界』(伊藤賢治/チョコボレーシング ~幻界へのロード~/PS)

www.youtube.com

スクウェアがおくるスラップスティックなレースゲーム・チョコボレーシングより、

植松伸夫作曲、伊藤賢治編曲、『幻界』。

原曲はFF3の『最後の死闘』で、同名のコースで流れます。

FFシリーズのマスコットキャラクター・チョコボを主人公に、縦横無尽なレースを繰り広げる本作。純粋な腕の競い合いよりも魔石やアビリティによる一発逆転が楽しめるスリリングなゲーム性が特徴で、レースゲームには珍しくストーリーモードが搭載されている。チョコボ系統の作品に共通する絵本仕立ての優しい世界観と、コミカルながらも一瞬も気を抜けないハラハラドキドキの白熱の戦いが、本作の魅力である。

本作の音楽を担当するのは伊藤賢治氏。伊藤氏はFFの本家にこそ関わっていないが、チョコボシリーズ、さらには外伝として登場し、後に独立した聖剣伝説シリーズなどの作曲に携わっている。本作の楽曲はエンディングを除きすべて既存のFFシリーズの曲をアレンジしたもので、FF1から6までの様々な曲に懐かしくも新しい編曲が施されている。そのため、本作のサウンドトラックは伊藤氏によるFFのアレンジCDとしての側面も持ち、高い評価を得ている。

幻界、本作の副題にもあるその同名のコースは、ストーリーモード最後のコースである。道幅が狭く急カーブが多いうえに、壁がすくないという、落下のリスクが常に付き纏う最難関のサーキットとして、初見殺しのような手強さを誇り、ラストバトルというシチュエーションにふさわしいやり応えがある。そこで流れるこの曲は、まさしくFF3のラスボス戦で使われた『最後の死闘』のアレンジで、どことなく禍々しさを漂わせる原曲をうまくレースゲームというコンセプトに落とし込んだ、疾走感のある仕上がりとなっている。目まぐるしく移り変わる伴奏の荒ぶる音使いに、異国情緒、あるいは異世界情緒たっぷりのエキゾチックな旋律が重なって、幻の世界の死闘を熱く、激しく盛り上げてくれる。

つい先日チョコボの新作が発表されたので、主に楽曲面でどんなFFアレンジが待ち受けるのか、オリジナル曲はどんなものか……いろいろ期待が膨らむところ。原曲の『最後の死闘』もあわせてどうぞ。

www.youtube.com