VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#271 『風を切って』(大山曜/クラシックダンジョン ~扶翼の魔装陣~/PSP)

www.youtube.com

日本一ソフトウェアが手がける「なつあたらしい」アクションRPG・クラダンより、

大山曜作曲、『風を切って』。ダンジョン曲の一つ。

なつかしいけどあたらしい、をコンセプトに、ドット絵を基調としたレトロ風のグラフィックが特徴の本作。それぞれ異なる野望のためにマノアカズと呼ばれる異界のダンジョンに足を踏み入れる冒険者たちの物語が描かれる。短い時間でさくっとプレイできる手軽なゲーム性や、この手のゲームではおなじみの99階ダンジョンといったやりこみ要素が相まって、ダンジョン好きには一見の価値がある仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは大山曜氏、神保伸太郎氏、筒井香織氏の三名。いずれもZIZZ STUDIOに所属する作曲家たちである。本作の楽曲はレトロ音源とリアル音源が両方用意されているため、好きなときにいつでもレトロとリアルを切り替えることができる。全体的な傾向としてはケルトアンデスといった民族音楽調のものが多く、8bit版でもリアル音源にはない魅力が見え隠れしている。

ダンジョン攻略がすべての本作において、ダンジョン内で流れるこの曲は、まずもってイントロの爆発的なフィドルが心を揺さぶる一曲である。ブズーキと思しき撥弦楽器による伴奏とともにメロディアスに奏でられる疾走感あふれる旋律が、思わずわくわくするような昂揚感と冒険感を生み出し、さらにそこにイリアンパイプスのようなバグパイプの音色が加わると、否が応でも耳に残る強烈なインパクトを誇る。そのうえピアノやエレキギターまでもをごちゃまぜにしてつくりだす陽気な音使いは、時を忘れて没頭してしまいそうなお祭り気分にさせてくれる。

アイリッシュ系の主張の激しい楽器同士による饗宴、といった印象ですね。レトロ音源だと主旋律の美しさはそのままに、だいぶ落ち着きのある素朴な雰囲気になっています。『風を切って 8bit ver.』、単曲では探せなかったので下記動画2:29まで、あわせてお聴きください。

www.youtube.com