VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#275 『滅びし煌めきの都市』(下村陽子/聖剣伝説 LEGEND OF MANA/PS)

www.youtube.com

スクウェアがおくるフリーシナリオ型のアクションRPG聖剣伝説LOMより、

下村陽子作曲、『滅びし煌めきの都市』。煌めきの都市で流れます。

FFの外伝としてスタートし、魔法の祖たるマナに関わる冒険を描いた聖剣伝説シリーズ。本作はナンバリングとは趣向を変えたスピンオフ作品として、プレイヤー自身の手で何もないワールドマップに街やダンジョンを配置できるランドメイクシステムをはじめとする革新的な要素を引っ提げて登場した。シナリオは宝石泥棒編、エスカデ編、ドラゴンキラー編の三つのメインストーリーの他、1話完結型のものがぜんぶで68個用意されていて、どこか哲学的でシュールな世界観がとても魅力的である。

本作の音楽を担当するのは下村陽子氏。当時スクウェアに所属していて、本作においてはすべての作曲を一人で手がけている。氏は聖剣伝説シリーズについては本作が初参戦であるが、以降もHOMやROMといったナンバリング以外の作品を多く担当している。絵本のようなファンタジー世界を表現するにあたって、温かみのある民族音楽調の楽曲が多いなか、戦闘曲は一転して重苦しいロックサウンドが特徴となっていて、楽曲の評価は軒並み高い。

宝石を核として生きる珠魅と呼ばれる種族の存亡を巡る物語を描いた宝石泥棒編は、「相手を思いやる気持ち」をテーマとした切ないシナリオである。物語を締め括る最後のダンジョンとして訪れることになる煌めきの都市は、かつて栄華を極めた珠魅たちによってつくられた集落で、絶滅の危機に瀕した今ではすっかり廃墟となってしまっている。その廃都で流れるこの曲は、ゆったりとしたピアノの音色と胸を引き裂くような悲痛なバイオリンの音色のアンサンブルが美しく、曲全体を貫く静けさのなかに潜む、一点の曇りもない儚さが、街の情景と種族の命運を見事に反映している。退廃的でありながらとても聴き心地が良く、ただひたすらに物悲しいだけに留まらない情熱的な曲調が、終盤にふさわしい盛り上がりを見せる。

エピローグでは『涙色した輝きの…』というこの曲のアレンジが流れますが、そちらはオルゴールの音色とバックコーラスがよく映える一曲です。それとは別に下村さん本人によるオーケストラ版もあって、原曲に忠実なアレンジがとても素敵です。あわせてどうぞ。

www.youtube.com

www.youtube.com