VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#277 『Metal Fighter』(星野康太/METAL WOLF CHAOS/Xbox)

www.youtube.com

フロムがおくる破壊戦闘アクション・METAL WOLF CHAOSより、

星野康太作曲、『Metal Fighter』。

ミッション「熱き戦いの始まりはシスコから大都市奪還作戦」等で流れます。

Xbox末期に発売されたフロム・ソフトウェア製の新作アクションにあたる本作。主人公はアメリカ合衆国大統領、副大統領が主導するクーデターにより制圧されたアメリカ全土を奪還すべく、単身で大統領専用機を操って破壊と殺戮の限りを尽くすことになる。破天荒にも程があるシナリオと、魅力的な登場人物たちが織り成すあまりにも強烈な設定と台詞回しが特徴で、多彩な重火器による豪快すぎるメカニック性能の数々がぶっ飛んだ爽快感を生み出している。後にXbox OnePS4、PC向けにHD移植された。

本作の音楽を担当するのは一木裕樹氏、高田征典氏、土屋昇平氏、星野康太氏。いずれもフロムに縁のある作曲家たちで、このうち土屋氏と星野氏が中心となって作曲している。同社のアーマード・コアシリーズを彷彿させる本作のハードなメタリックサウンドは、いずれも荒唐無稽で常識破りな、それでいてロボットアクションとしてしっかりとつくり込まれたゲーム性にふさわしい、硬派で情熱的な仕上がりとなっている。サウンドトラックは予約特典として人気曲10曲をセレクトしたものがあるほか、移植に際して完全収録版が登場した。

クーデター軍の制圧により78万市民の自由が奪われた大都市・サンフランシスコの解放を目指すミッションなどで流れるのがこの曲である。一面に広がるはチャイナタウンと思しき景色、そこで明滅するネオンサインが照らし出すオリエンタルな街並みに合わせて、エッジの利いたギターは傍若無人に暴れ回り、嘆願するようにシャウトする歌声は、どことなく非現実的な、異国情緒漂う響きを醸し出す。そのシャウトすら掻き消すかのように激しく主張するギターサウンドは、合間合間に手拍子が挿入されることで、中毒的なまでのノリの良さを誇る。我を忘れて破壊に没頭したくなるような気分にさせてくれる一曲である。

XDの発売に伴ってフルサントラが登場すると良いのですが。この暴力的な音使いがたまらないです。

※追記 フルサントラが登場し、楽曲ごとの個別の作曲家が判明したので、記事内の情報を更新しました。