VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#280 『Fight Club』(Lorne Balfe/アサシン クリード III/PS3・X360)

www.youtube.com

ユービーアイが手がけるステルスアクションアドベンチャー・アサクリより、

Lorne Balfe作曲、3の『Fight Club』。拳闘の際に流れます。

ナンバリング3作目、通算5作目として登場した本作。中東、イタリア、オスマン帝国に続いて、本作では18世紀中期から後期にかけた独立戦争時代のアメリカが舞台である。広大なフロンティアに生息する野生動物を狩るハンティングや、カリブ海を駆け巡る海洋ミッション、さらには拳闘クラブや探検クラブといった寄り道要素まで非常に充実していて、シリーズの新章開幕にふさわしいボリュームとなっている。新エンジンを導入したことにより操作性やグラフィック等が強化された反面、いつにも増してバグが多いことが難点である。

本作の音楽を担当するのはLorne Balfe氏。長らくシリーズの作曲を務めてきたJesper Kyd氏に代わって、スコットランド出身の作曲家であるBalfe氏が全曲を単独で作曲している。氏は直前のリベレーションでも作曲経験があり、映画やドラマの劇伴で培ってきたノウハウを活かしたゲーム音楽づくりは、いずれもシリーズの壮大さに見合った仕上がりとなっている。

アサシンであるならば暗器を用いた戦闘はもちろんのこと、ときには拳を使った戦法も必要になる。そうした拳闘シーンで流れるこの曲は、くどいとすら感じられる熱気あふれるフィドルが小刻みに奏でられるフォルクローレ調の一曲である。自らは一瞬の隙をも生まず、さりとて相手の一瞬の隙をも見逃さない、そうした熟練の業を持つ者にのみ備わった凄みが、その曲調と音使いによって見事に表現されている。畳みかけるように進行する旋律が、本作の作風にマッチした緊張感を醸している。

つい先日オデッセイが発売されたので、一つシリーズから好きな曲を紹介してみました。