VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#281 『負けられない戦い』(足立美奈子・禎清宏・松岡耕平/サモンナイト クラフトソード物語/GBA)

www.youtube.com

バンプレストがおくる武器創造RPGサモンナイトクラフトソード物語より、

足立美奈子・禎清宏・松岡耕平作曲、『負けられない戦い』。トーナメント戦の曲。

召喚術を主軸に据え、ポップな見た目とは裏腹に濃密な世界観で知られるファンタジックシミュレーションRPGサモンナイト。その外伝として登場したクラフトソード物語は、武器の創造に焦点を当てたアクションRPGシリーズで、なかでも本作はGBA三部作の記念すべき第1弾である。武器を自作しつつ、トーナメントに挑んで鍛冶師の頂点に君臨する鍛聖を目指す王道シナリオに、特定の撃破方法で敵から入手できる秘伝集めといったやりこみ要素の豊富さが相まって、本作ならではの確固たる魅力を築いている。

本作の音楽を担当するのは禎清宏氏率いるピュアサウンドの面々である。足立美奈子氏、松岡耕平氏はともに当時ピュアサウンドに所属していた作曲家たちである。とりわけ足立氏は今でこそゲームフリークに在籍しているが、シリーズには初代から参加しているサモンナイトサウンドの立役者の一人である。松岡氏は作曲での参加は2以降、禎氏は本作がシリーズ初参戦で、この三人体制は後に同じくGBAのはじまりの石に引き継がれる。ファンタジーテイストのオーソドックスな良曲が揃っていて、据え置き機を中心に展開するナンバリング作品にはない、携帯機音源特有の味わい深さがある。

鍛聖を決めるトーナメント戦、御前試合にて流れるこの曲は、曲名が表す通りの熱さみなぎる一曲である。ハイノートから一気に駆け下るような勢いを見せるパワフルなイントロから始まり、素朴なパーカッションを随えてエネルギッシュに奏でられる電子音が、己が手で丹念に磨き上げた武器を携えて戦う鍛冶師の誇り高き矜持を示す。耳を劈くような高音の旋律と、蛇行するように彷徨う低音の伴奏が混ざり合ってつくり出される情熱的な曲調は、ループ前であえてスタッカートを思わせるぶつ切りの音色を並べることで、一歩も引くことのできぬ戦いにふさわしい明白なメリハリをつけている。

音数のすくなさは気合で吹っ飛ばせ!……というのが見事に決まった一曲ですね。この音源だからこそ表現できるパトスがあるのでしょう。