VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#283 『天空界ステージ3:嵐の中~月』(作曲者不明/ドラえもん のび太と3つの精霊石/N64)

www.youtube.com

エポック社がおくる国民的児童漫画・ドラえもんを原作とした、

のび太と3つの精霊石より、作曲者不明の『天空界ステージ3:嵐の中~月』(仮称)。

天空界の三番目のステージ、嵐の中から月へと向かうところで流れます。

22世紀からやってきたネコ型ロボット・ドラえもんと不甲斐ない小学生・のび太が織り成すすこし不思議な日常を描いたドラえもん。まず知らぬ者はいないほどの国民的ないしは世界的知名度を誇る漫画作品を原作としたキャラクターゲームとして、ファミコン時代から数多くのドラゲーをおくり出してきたエポック社の64初参戦タイトルにあたるのが本作である。大地界、海洋界、天空界の三つの世界から成る妖精界を舞台に、天空界の姫・コロナは、復活した魔王を封印すべく人間界にいるドラえもんたちに助けを求めにやってくる。本作では、物語冒頭で奪われたひみつ道具を都度奪回しながらステージクリア型のアクションに挑んでいく。

本作の音楽を担当している人物に関する情報は、スタッフロールがゲーム中になく、サウンドトラック等も存在しないため、作曲者、曲名ともに不明である。これは2の光の神殿でも同様のことだが、3のSOSではようやくスタッフロールが登場し、すくなくとも3に関しては黒岩東彦氏が作曲を担当していることが判明している。音楽以外にも音声という意味において特筆すべき点として挙げられるのは、本作は大山のぶ代時代のドラえもんのボイスが収録されていることで、他の登場人物たちについても各々個性的な演技を楽しむことができる。

コロナの出身地でもある天空界は、本作においては最後に訪れることになるワールドである。クライマックスに向けて侵入者を拒むように叩きつける豪雨と大嵐のなかを、おなじみのひみつ道具タケコプターを用いて突き進む三番目のステージで流れるのがこの曲である。ところどころに浮かぶ浮き島を伝いながら激しい雷雨を突破していく困難な道のりを、ザアザアという粗削りな雨のノイズとともに疾走感あふれる勇壮なメロディで表現している。この曲には厚い雲を突破した暁にノイズが消え去るインタラクティブな仕掛け(上記動画では47秒あたりから)が用意されていて、そのヴィヴィッドな音使いが、晴れ渡る夜空に燦然と輝く三日月をいっそう美しく彩ってくれる。1ループは短いが、その短さのなかに格好良さが凝縮されている。

曲そのものはもちろんのこと、雲の上はいつも晴れ、という前向きなメッセージ性も良いですね。