VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#287 『Under A Blue Sky』(秋田真典/ENTHUSIA PROFESSIONAL RACING/PS2)

www.youtube.com

コナミがおくるリアルドライビングシミュレーター・エンスージアより、

秋田真典作曲、『Under A Blue Sky』。昼間のMARCO STRADAで流れます。

リアルドライビングシミュレーターという名に恥じず、極限までリアルにつくり込まれた自動車の挙動が特徴の本作。登場車種はマイナーなものも含めて200種以上、コースはほとんど架空のもので、世界各地の都市を舞台としている。エンジン音に至るまで忠実に再現されたその徹底したこだわりは、純粋に車を走らせることの楽しさを全面的に追求した仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは秋田真典氏、後田信二氏、土屋裕一氏を中心とする作曲家たち。オープニングとエンディングはHΛL梅崎俊春氏と清水武仁氏によるユニット)が担当している他、テレビ番組や劇伴などを幅広く手がけている村井修清氏が編曲に携わっている。グランツーリズモに観られるようなロック系およびフュージョン系、リッジに観られるようなハウス系およびテクノ系などとは一味違う(そうしたジャンルの楽曲もあるが)、独特な爽快感を持つ本作の楽曲群からは、いずれもドライブをするうえで速さよりも美しさを求めていく姿勢が窺える。

MARCO STRADA、いかにもイタリア風の名前を持つこのコースは、かの水の都・ヴェネツィアをモチーフにしている。晴れた昼間と雨が降りしきる夜間、二つのコースオプションのうち、昼間で流れるほうがこの曲である。夜間の『Lyricism-rain』(同じく秋田氏の作曲)が漂わせる、どことなく陰のあるグルーヴィでスタイリッシュな雰囲気とは異なり、晴れ渡る青空のもと繰り広げられるレースを彩るこの曲は、一点の曇りすら見受けられない開放的なストリングスの音色が何よりの魅力である。ストリングスに負けじとクリーンなサウンドを奏でるピアノは、水路が隣接するコースを表現するのにふさわしい清涼なアンビアンスを醸している。

同じコースでも昼と夜とで音楽が違うとまったくの別物に感じられますね。『Lyricism-rain』、あわせてどうぞ。

www.youtube.com