VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#293 『仔竜の決意』(ひとおおかみ/仔竜の風詩/iOS・And)

soundcloud.com

Garyuがおくるドラゴン育成シミュレーション・仔竜の風詩より、

ひとおおかみ作曲、『仔竜の決意』。ラストバトルで流れます。

1997年に公開されたブラウザゲーム・竜の風詩と、2003年に公開された続編・竜の風詩2の流れを汲むスマホ用シリーズ最新作として、11年ぶりに登場した本作。ドラゴンと友情をはぐくみ、餌を与えて育成させ、ときにはバトルをさせることになる。完全無料でありながらドラゴンの成長過程を間近に感じられる上質なストーリーとシステムが特徴である。ドラゴンのウンコを回収してコインを獲得し、コインを元手にエサを入手するミニゲームに挑戦し、育てたドラゴンと一緒に外の世界を冒険して、ときには敵とのバトルを神経衰弱形式の戦闘システムでこなしていく。手塩にかけてドラゴンを育てる感覚を存分に味わわせてくれる仕上がりとなっている。

本作の音楽は一部のオリジナル曲を除き、煉獄庭園やTAM Music Factoryなどといった大手のフリー素材を配布しているサイトの楽曲を用いている。オリジナル曲に関してはcakeprojects氏こと小林啓樹氏と、ひとおおかみ氏が作曲している。ひとおおかみ氏はフリーで活躍する作曲家で、フリーゲームを中心に楽曲を提供している。メインテーマやエンディング、戦闘曲など、ここぞという重要な場面でオリジナル曲が使われることで、他の楽曲とは一線を画する存在感を放っている。楽曲はひとおおかみ氏のSoundCloudで一部視聴できる。

自分だけのドラゴンを育てあげた暁に挑むことになるラストバトルで流れるのがこの曲である。ほんわかした作風からは想像もつかないほどの情熱が込められた一曲で、通常戦闘曲『バトルやろうぜ!』にみられるような王道を征く音使いを踏襲しつつ、ラストバトルというシチュエーションにあわせて正統進化している。コーラスとオーケストラが共鳴し合って生み出されるシンフォニックサウンドには、緊張感、焦燥感、切迫感、悲愴感、昂揚感など、クライマックスを彩るにふさわしい要素が詰め込まれている。1分30秒あたりから始まるサビの盛り上がりはまさに圧巻で、ドラゴンと過ごした今までの日々を振り返りつつ、さらにここから前へ進もうとする確固たる決意を滲ませている。

いかにもベタな戦闘曲ですが、やっぱりこういうのは良いですね。おなじくひとおおかみ氏による『バトルやろうぜ!』もあわせてどうぞ。

soundcloud.com