VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#294 『トーバス』(山本健誌/メトロイドプライム2 ダークエコーズ/GC)

www.youtube.com

任天堂が手がけるファーストパーソンアドベンチャーメトロイドプライムより、

山本健誌作曲、2の『トーバス』(仮称)。水底に眠る神殿トーバスで流れます。

遠未来を舞台としたハードコアアクション・メトロイドシリーズのうち、アドベンチャー要素とファーストパーソンシューティング要素を大々的に取り入れたメトロイドプライム。2作目にあたる本作では、光と闇の二属性が物語の要となっている。探索時は光と闇とで隔てられた二つの世界を行き来しつつ、双方の世界で連動する仕掛けを解いていくし、戦闘時も、敵やビームにまで属性の概念が設定されているため、徹底された世界観のなかでのスリリングな戦いを味わうことができる。欧米では日本よりも半年早く先行販売されていて、後にWiiにも移植されている。

本作の音楽を担当するのは山本健誌氏。前作では久場浩一氏との共作だったが、本作では単独で作曲している。山本氏は続編の3でも作曲に携わっていて、その経歴からして、本家シリーズも含めてメトロイド全体のサウンドの方向性を形作った立役者と言っても過言ではない。前作同様、本作の楽曲はいずれもどことなく無機質で不気味なものが多く、同じマップでも光と闇とで別アレンジが用意されている。曲名の大半は未判明であるため、ここでは便宜上の仮称を用いる。

ライトエーテル側のトーバスは、今でこそ神殿が丸ごと水没した広大な湿地帯となってしまったが、かつては一面に森が広がる豊かな土地であった。止むことなく降り続ける長雨に晒されるそんな場所で流れるこの曲は、ダークエーテル側の闇のトーバスと共通する、鬱々とした朧げなメロディーラインが特徴で、不安に苛まれながらやみくもに探索を進める感覚を簡潔に表している。そのおどろおどろしい音使いは、胸騒ぎにも似たただならぬ気配を漂わせているが、一方でこのまま水底に沈んでしまえたらいいのに、と考えずにはいられないような独特な安寧感が、あらゆるところに隅々まで充満している。

闇のトーバスは悪夢っぽさが増している、と言いますか、よりダークな、より環境音楽然としたアレンジになっています。あわせてどうぞ。

www.youtube.com