VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#296 『The Road of Trials』(Austin Wintory/風ノ旅ビト/PS3)

www.youtube.com

thatgamecompanyが手がける言葉なきアドベンチャーゲーム風ノ旅ビトより、

Austin Wintory作曲、『The Road of Trials』。沈んだ都市で流れます。

茫漠たる砂の世界を舞台に、数々の文明の跡地を辿りながら、旅の意味を、果てには自己の存在意義を見出していく本作。ダウンロード専用のインディー作品ながら、同年の主要なゲーム・オブ・ザ・イヤー賞を総なめした華々しい経歴を持つ。作中には言葉が一切登場せず、美しいビジュアルと息を呑む演出でのみ語られる謎の多い世界観が、多くのプレイヤーを圧倒した。オンライン要素として、同じステージを攻略している見ず知らずの誰かと二人旅することができ、コミュニケーションの手段が限られているからこそ、真に伝わる思いがたしかにそこにある。

本作の音楽を担当するのはAustin Wintory氏。アメリカ出身の作曲家で、同じくthatgamecompanyの作品としては本作以前のflOwでも作曲を担当している。本作では言葉が存在しないため、世界観を形成するにあたって音楽が果たす役割は一際大きい。そうしたなか、本作では楽曲それ自体に文学性を持たせるべく、純粋に素朴にメロディーで勝負をしている。ストリングスを中心に編成されたオーケストラが奏でる楽曲群は、いずれも世界的な好評を得ている。

4章の沈んだ都市は、砂に覆われた坂道を滑降しながら進むエリアである。そこで流れるこの曲は、「試練の道」という曲名にふさわしく、己の実力を何か上位の存在に試されているかのような圧迫感が読み取れる。主旋律を務めるチェロとフルートの軽快な音色が競り合いながら疾走感たっぷりに奏でられるさまは、荘重な雰囲気を漂わせる一方で、ときに小休止を挟むことで、砂漠地帯に蔓延する退廃的な穏やかさをも演出している。本作のサウンドトラックのアルバムアートワークに用いられた、夕焼けに染まる山の風景は、まさしくこの曲が流れている場面のものである。

くだんのアートワークはこの記事のアイキャッチ画像にしておきました。