VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#298 『蝶の誘い』(椎名豪/GOD EATER 2 RAGE BURST/PS4・PSV)

www.youtube.com

バンナムが手がけるドラマティック討伐アクション・ゴッドイーターより、

椎名豪作曲、2RBの『蝶の誘い』。変容の神門での戦闘曲。

アラガミと呼ばれし異形の神に大地を食い尽くされた近未来を舞台に、神機使いのゴッドイーターたちが狩って狩って狩り尽くすハイスピードハンティングアクションゴッドイーターシリーズ。2作目の拡張版にあたる本作では、2からさらに新装備、新アクション、新シナリオなど、様々な新要素が大幅に詰め込まれている。狩りの爽快さときな臭い廃墟を彷徨うあの感覚を存分に堪能できる仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは当時バンナムに所属していた椎名豪氏。前作でもほぼ全曲の作曲に携わっていたシリーズサウンドの生みの親で、本作ではオープニングテーマ以外、RBの新規追加曲も含めてすべて作曲している。氏の十八番である、架空言語を用いたエスニックな作風の楽曲が数多く収録されていて、極限状態にある荒廃した世界観を見事に表現している。

螺旋の樹と呼ばれる巨大な構造物、その中位階層部に位置する変容の神門は、辺り一面に禍々しい赤斑が見受けられるフィールドである。周囲に充満する瘴気を掻き分けながら、相対するアラガミどもを打ち倒す際に流れるこの曲は、スキャット風の女性ボーカル(中川奈美氏によるものと思われる)が魅力的な一曲である。耳打ちするかのようなさりげなさで囁かれる歌声と、伸び伸びと歌うように奏でられるストリングス、そこにともすれば不快な雑音にも感じられる粗削りなノイズが加わることで、毒々しさのなかにエキゾチックな美しさが共存している。2分50秒からはエレキギターが主旋律を掻っ攫っていっそう荒々しさが増すが、再び挿入される造語歌詞による不気味で神秘的なボイスが、激しさよりも妖しさを印象付ける。

一発で椎名さんだ!って分かる曲を書けるのはすごいことですね。椎名さんらしさが特に顕著な一曲だと思っています。