VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#303 『関ヶ原の戦い 東陽』(前馬宏充/戦国BASARA4/PS3・PS4)

www.youtube.com

カプコンが手がけるスタイリッシュ英雄アクション・戦国BASARAより、

前馬宏充作曲、4の『関ヶ原の戦い 東陽』。同名のステージで流れます。

戦国時代を舞台に、もはや原形をとどめていないほど大胆で奇抜なアレンジを加えられた歴戦の武将たちが一騎当千型の爽快な3Dアクションを繰り広げる戦国BASARAシリーズ。4作目にあたる本作では、戦国創世をテーマに、それまで描かれてきた戦国末期から遡って室町末期~戦国黎明期に時代を移している。後に追加要素を加えたシリーズ10周年記念作の皇も発売されていて、プレイアブルキャラクターが増えたほか、アクションやシステムまわりがいくらか改善されている。

本作の音楽を担当するのは伊師正好氏、青木征洋氏、近藤嶺氏、前馬宏充氏などをはじめとする総勢八名の作曲家たち。大まかに分類して、青木氏(現在はフリー)や前馬氏などのカプコン所属の作曲家と、伊師氏や近藤氏などのT's MUSIC所属の作曲家が一堂に会している。なかでも前馬氏は本作発売当時はカプコンに入社したばかりの新人で、本シリーズには初参加である。氏がつくった、他の作曲家たちに引けを取らないインパクトのある楽曲は、BASARAサウンドに新風を吹き込んだ。

関ヶ原の戦いは天下分け目の戦いとすら評される日本史上最も重要な合戦の一つである。その大舞台で流れるこの曲は、もう片方のステージ『関ヶ原の戦い 西陰』に見られるような閉鎖的な悲愴感とは異なる、開放的な勇壮感を漂わせた一曲である。尺八と思しき和楽器を取り入れた和風オーケストラ調の豪快な音使いは、深く沈み込むように奏でられる雅趣に富むチェロの伴奏とあわせて、覚悟と希望とあえかな切なさを想起させ、この一戦に賭ける武将たちの情熱と歴史の命運が生き生きと描き出されている。

西陰の絶望的な重厚感と良い対比関係になっている印象です。同じく前馬さん作曲の『関ヶ原の戦い 西陰』、あわせてどうぞ。

www.youtube.com