VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#304 『運命を断ち切れ!』(並木学/救急救命 カドゥケウス2/NDS)

www.youtube.com

アトラスがおくるドラマチック手術アクション・カドゥケウスより、

並木学作曲、2の『運命を断ち切れ!』。アレティア除去手術の際に流れます。

死に至る奇病ギルスを相手に、超執刀と呼ばれる天才的技術を持った外科医・月森が、医療組織カドゥケウスに身を寄せながら病の撲滅を目指すカドゥケウスシリーズ。SF外科手術アクションという他に類を見ないコンセプトの面白さと、DSならではのタッチスクリーンをフルに活かした快適な操作性が特徴である。ナンバリング2作目にあたる本作では、硬派すぎる難易度に対しての救済措置として難易度選択が設定できるようになり、そのほかにもシステムやサウンドが順当に進化するなど、全体として非常に高水準で手堅くまとまっている。

本作の音楽を担当するのは上倉紀行氏と並木学氏。ともに当時ベイシスケイプに所属していた作曲家である。カドゥケウスシリーズはWiiで発売された作品も含め、主に目黒将司氏や土屋憲一氏といったアトラスのサウンドスタッフが手がけていることが多いが、本作のみ毛色の違う人選となっている。ストリーム再生の導入により前作と比べて音源が飛躍的に向上し、本作では命を救う現場にふさわしい緊張感たっぷりの楽曲が揃っている。

曲者揃いのギルスのなかでも一際厄介な本作のラスボス・アレティアを除去する際に流れるこの曲は、一つのミスが文字通り命取りとなるシビアな雰囲気をまるごと表現した一曲である。威圧感あふれるオーケストラに焦燥感を煽るピアノ、切迫感みなぎるコーラスの組み合わせが、鋭敏な思考力と集中力を高めさせ、幾重にも重なって響くその重厚な音使いは、失敗が許されない状況を見事に反映している。ギルスという悪魔によって蝕まれてきた人類の運命を断ち切る覚悟と決意が、その流麗で屈強な旋律から窺える。

そういえば初代カドゥケウスって、2018年が舞台なんだそうですね。時代が追いついてしまいました。