VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#307 『心綺楼囃子』(あきやまうに/東方心綺楼 ~ Hopeless Masquerade./PC)

www.youtube.com

黄昏フロンティア上海アリス幻樂団がおくる対戦型格闘弾幕アクション・

東方心綺楼より、あきやまうに作曲、『心綺楼囃子』。タイトル画面の曲。

同人サークルの黄昏フロンティア上海アリス幻樂団が共同開発した東方Project第13.5弾にあたる本作。対戦アクションとしては2009年の非想天則以来、4年ぶりの新作で、本作からより原作に寄り添う形で、戦闘は常時空中戦となった。本作の肝となるシステムに人気度というものがあり、プレイヤーの行動次第で増減し、それに応じたボーナスやペナルティが発生するほか、体力差に関わらずそれ単体で勝利条件になったり、最終秘奥義のラストワードを発動するのに必要だったりするため、個性的な戦いが楽しめるようになっている。

本作の音楽を担当するのはZUN氏とあきやまうに氏の両名。過去作からのアレンジはすべてあきやま氏が編曲していて、本作オリジナルに関しても多くはあきやま氏の手によるものである。バージョンアップに伴って曲が追加され、人気度が最高潮に達した際の各キャラ専用BGMなどを中心に新たに収録されるようになった。恒例のミュージックルームでは、こと生演奏の楽曲に関しては、その演奏者も併記されるようになった。

オープニング曲の『塵界不変のペシミズム』に続いてタイトルで流れるこの曲は、本作のあらすじにある通り、度重なる天変地異に疲れ果てた人間どもを導くために立ち上がった宗教家たちが繰り広げる狂宴にふさわしい、目一杯のお祭り気分を漂わせた一曲である。トランペットとバイオリンが真正面から決闘を挑むかのごとく競り合って奏でられる優雅で鮮麗な音使いからは、和太鼓のリズミカルなビートも相まって、士気を鼓舞してくれるような楽しさと力強さが窺える。適度にスリリングな緊張感を醸す『塵界不変のペシミズム』からこの曲へと移行するその流れには、俗世に蔓延る厭世観をも吹き飛ばすほどの軽快さがあり、心の底から快哉を叫びたくなる賑々しさにあふれている。

バイオリン演奏はJUN氏によるもの。暗黒能楽集での純和風アレンジ『心綺楼祭囃子』もなかなか風情がありますね。『塵界不変のペシミズム』、『心綺楼祭囃子』、あわせてどうぞ。

www.youtube.com

www.youtube.com