VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#308 『Blue Destination』(Falcom Sound Team jdk/英雄伝説 閃の軌跡II/PS3・PSV)

www.youtube.com

日本ファルコムがおくるストーリーRPG英雄伝説より、

Falcom Sound Team jdk(宇仁菅孝宏・園田隼人)作曲、

閃の軌跡2の『Blue Destination』。

前作の『The Decisive Collision』のアレンジで、クロウ関連の戦闘曲。

英雄伝説シリーズ8作目にして、軌跡シリーズ3作目にあたる閃の軌跡の直接の続編として登場した本作。前作のエンディング後、仲間と散り散りになったトールズ士官学校の特科クラス・VII組所属のリィンは、エレボニア帝国で巻き起こる貴族連合軍と帝国正規軍による内戦のさなか、仲間と合流して内戦の時代に立ち向かうことになる。本作の大きな特徴として、前作のラスボス戦の特殊戦闘を継承して進化した騎神戦が導入されたことが挙げられ、各章で攻撃部位を選択して相手を切り崩す巨大ロボバトルが楽しめる。前作から続く複雑で重厚な物語は、続編の3と4を経てようやく収束する。

本作の音楽を担当するのはファルコムお抱えのサウンドチーム・Falcom Sound Team jdk、具体的な内訳は宇仁菅孝宏氏と園田隼人氏の二人である。両氏とも軌跡シリーズには初期から参加している現役のjdkメンバーで、前作は籾山紗希氏も入れた三人体制だったが、本作では二人で作曲している。過去作からの流用やアレンジ曲が多いため、サウンドトラックはファルコム作品にしては珍しく2枚組というコンパクトなボリュームとなっている。

主人公リィンにとってのかつての先輩であり大切な悪友であり、因縁のライバルともいうべきクロウと関連する戦闘において流れるこの曲は、前作の蒼の騎神オルディーネ戦で用いられた『The Decisive Collision』のアレンジである。物静かなピアノイントロは、クロウが背負う業を象徴するかのごとく、内なる情熱を秘めていて、続くストリングスやシンセサイザーによる爽快感たっぷりの旋律は、清々しさのなかに確かな哀愁を感じさせる。あくまで冷徹に、友人としてではなく敵対する者同士として、最期の一騎打ちを果たさんとするリィンとクロウの切なる思いを体現した、クールでスタイリッシュなメロディーラインは、『The Decisive Collision』における悲愴感を心なしか削ったかわりにますます旋律的な美しさに磨きをかけていて、すべてが終わった暁にはわずかながらのほろ苦さが余韻として残る。

イメージとしてはクロウ(あるいはクロウを追いかけるリィン)のテーマですが、本作全体のメインテーマ然としたところもあって、ボーカル版の『I'll Remember You』をはじめとするアレンジが多いのも特徴です。とりあえずここでは原曲(『The Decisive Collision』)の紹介だけに留めておきましょう。

www.youtube.com