VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#310 『Spring (The Valley Comes Alive)』(ConcernedApe/Stardew Valley/PC)

www.youtube.com

ConcernedApeが手がけるインディーファーミングRPG・Stardew Valleyより、

ConcernedApeことEric Barone作曲、『Spring (The Valley Comes Alive)』。

春のテーマの一つ。

緑豊かな片田舎のスターデューバレーで、すこしのポケットマネーを片手に、祖父から受け継いだ古い農場を経営しつつ町を発展させていく本作。牧場物語ライクなオープンエンド式の農業生活シミュレーションとして、個人製作のインディー作品ながらPS4、XboxOne、スイッチなど、次々と主要ハードに移植され、iOSにも対応している。本作では畑仕事や酪農以外にも、好感度システムによる恋愛や結婚といったお楽しみや、ちょっとした戦闘要素もあり、先だって実装されたマルチプレイだとソロとは異なる資金繰りが必要になるなど、時間を忘れて没頭したくなる魅力が詰まっている。

本作の音楽を担当するのはEric "ConcernedApe" Barone氏。他ならぬ氏こそが本作の開発者であり、プログラムもデザインもシナリオも何もかもすべて一人で製作した張本人である。作曲に関しても、70曲を越える本作の楽曲を単独で担っていて、ほのぼのとしたスローライフにふさわしい穏やかな曲調のものが多い。サウンドトラックはSteamやbandcampなど各種サイトで安価で配信されている。

春といえば始まりの季節、ゲーム開始時も春からスタートするが、その春のテーマとして『Spring (It's A Big World Outside)』と『Spring (Wild Horseradish Jam)』とあわせて用いられるのがこの曲である。本作では季節ごとにいずれも三曲用意されていて、「谷が活気づく」という副題が添えられたこの曲は、とりわけ春めいたチャーミングな音使いが特徴である。跳ね回るように軽快なマリンバの天真爛漫な音色に、ハーモニカの牧歌的で長閑な旋律が重なり合うことで、希望に満ちた田園風景を想起させ、優しく朗らかな笛の音が、都会の騒々しさに疲れた心に癒しを与える。思わず頬が緩むような安穏な旋律が、これから始まる新生活を祝福してくれる。

他の二つの春のテーマも本作特有の和やかな雰囲気が漂っていて素敵です。『Spring (It's A Big World Outside)』と『Spring (Wild Horseradish Jam)』もあわせてどうぞ。

www.youtube.com

www.youtube.com