VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#313 『菩殺』(庄司英徳/龍が如く 維新!/PS3・PS4)

www.youtube.com

セガがおくる極道を題材とするアクションアドベンチャー龍が如くより、

庄司英徳作曲、維新の『菩殺』。ラストバトルの曲。

実在の繁華街をモデルに、ヤクザたちが暗躍する裏社会をテーマとする龍が如くシリーズ。見参やOF THE ENDに続くスピンオフとして、幕末の激動の時代を舞台とする本作では、桐生一馬をモチーフにした坂本龍馬を単独主人公に、ナンバリングでおなじみの顔ぶれが役どころを変えて数多く出演するオールスター的な仕上がりとなっている。刀に拳に銃まで使いこなせる、幕末ならではのド派手な戦闘システムが特徴で、史実をベースにしつつ、ときに激しい改変を加えた本作の物語は、サブイベントやアナザーストーリーといった寄り道要素も含めて迫力満点な出来栄えである。

本作の音楽を担当するのはシリーズサウンドの立役者である庄司英徳氏や青木千紘氏をはじめとする十人以上の作曲家たち。十人十色の魅力を醸しながら、全体的に統一性のあるサウンドはいずれも好評で、本作から戦闘中のBGMの曲調がシチュエーションに応じてシームレスに切り替わるというインタラクティブな仕掛けが導入された。こうした路線は以降の作品でも定着し、シリーズサウンドの転換点となった。

その最たる例として挙げられるのが本作のラスボス戦で流れるこの曲である。数奇な運命の果てにかつての同志と刃を交えることになるこの勝負では、初めは刀一本を用いた一刀の型、次に刀と銃を用いた乱舞の型、そして最後には再び一刀の型で戦う、という三つの展開が用意されている。それにあわせて曲調も変化し、サウンドトラック収録版(本動画)においては、第一部は冒頭から3分4秒まで、第二部は3分5秒から5分22秒まで、第三部は5分23秒から末尾までとなっている。第一部では静かに燃え盛るような、悲しくも力強い旋律が奏でられ、続く第二部では、ぐっと激しさを増した獰猛なギターリフが轟き渡る。一刀の型に回帰する第三部では、徐々にテンポを落とし、しっとりとしたピアノを挿入することで身を切るような切なさを漂わせ、惨たらしいほどの泣きの入ったギターが、それまでの行程を振り返りつつ、歴史に残ることのない戦いに対する有終の美を飾る。

この曲ほど有終の美ということばがふさわしいものはないと思っています。暴力的だけど隠しようもないくらいうら悲しいところが、シチュエーションと相まってとても魅力的です。