VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#316 『夏影』(麻枝准/AIR/PC)

www.youtube.com

Keyが手がける恋愛アドベンチャーAIRより、

麻枝准作曲、『夏影』。メインヒロインの神尾観鈴のテーマ曲。

ビジュアルアーツのアダルトゲームブランド・Keyによる、Kanonに続く美少女ゲームの2作目にあたる本作。現代編のDREAM編、過去編のSUMMER編、再び現代に戻るも視点を変えたAIR編の三部構成から成る壮大で感動的なシナリオは、今日にいたるまで根強い支持を受け続け、泣きゲーというジャンルを確立したエポックメインキングな作品として語り継がれている。メインヒロインの神尾観鈴を中心とする、千年にも及ぶ受難と救済の物語は、様々なメディアミックスや移植を通じて、この手の18禁ゲーム(のちに年齢制限は引き下げられている)としては屈指の知名度を誇っている。

本作の音楽を担当するのは折戸伸治氏、戸越まごめ氏、麻枝准氏の三名。いずれもKey所属の作曲家で、戸越氏のみ現在は退社している。このうち麻枝氏は本作では音楽のみならず企画や脚本にも携わっていることから、シナリオとサウンドの親和性が非常に高い。切なくも美しい楽曲の数々は、夏が訪れるたびに聴きたくなる。

summer lightsという副題がつくこともあるこの曲は、本作のヒロインである神尾観鈴を、あるいは作品全体を、ひいてはKeyブランドさえもを代表する一曲である。遠く離れた場所、空の彼方を仰ぎ見る姿を連想させるかのごとくたっぷりの郷愁を漂わせた音使いは、素朴で純情で牧歌的な優しさにあふれている。観鈴のあどけなさと、その裏に秘めた壮絶すぎる過去を、ただピアノの柔らかな音色と控えめな伴奏のみで簡潔に表現していて、そのノスタルジックなメロディーラインが、淡く切ない一夏の思い出として、深く心に刻み込まれる。

公式のボーカル版が二種類も用意されていることから、人気の高さが窺えます。秋が深まり冬が近づくこの時期に聴くと、過ぎ去った夏が恋しくなりますね。