VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#318 『はじまりの道標』(志方あきこ/シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~/PSV)

www.youtube.com

ガストが手がける7次元コミュニケーションゲーム・シェルノサージュより、

志方あきこ作曲、『はじまりの道標』。第一の扉の先の夢セカイで流れます。

次元の壁を越えて記憶喪失の少女・イオンと交流を深める本作。暴れ狂う太陽の影響で死に絶えんとする惑星ラシェーラで、プレイヤーはときにイオンと日常的な触れ合いを楽しみつつ、彼女の精神世界、通称夢セカイに入り込むことで失われた記憶を取り戻していく。当初はオンライン専用タイトルとして、1話ずつDLC形式で配信していくという特殊な販売形式をとっていたが、後にDLC要素をすべて搭載したオフラインの完全版が登場した。

本作の音楽を担当するのは志方あきこ氏をはじめとする複数の作曲家たち。本作はアルトネリコシリーズと深く関連していて、おなじみの詩魔法は本作でも重要な役割を果たしていることから、ボーカル曲も数多く(すくなくとも1話ごとに1曲分)収録されている。本作の楽曲はどことなく昭和の残り香が漂うラシェーラに合わせて、弦楽器を主軸に据えたノスタルジックなものが大半を占めている。

イオンの記憶を辿って最初に向かうことになる第一の扉の先に広がる夢セカイ・旧都万寿沙羅は、古風で昔懐かしい下町といった様相の旧市街である。そこで流れるこの曲は、地表最下層であるがゆえに絶えず汚染の危機に晒されていることすら忘れさせるような、美しく澄んだバイオリンの音色が特徴の一曲である。なだらかで麗しいその旋律は、それとは対照的に退廃的な色合いを帯びたピアノと電子音の無機質な伴奏と見事に調和することで、破滅を目前に控えながらも温かで人情味あふれる万寿沙羅の魅力を余すことなく表現している。

7次元先の世界を舞台にしているだけあって、本作の楽曲はいずれも、ノスタルジックだけどどこか非現実じみた、幻想的な雰囲気がありますね。とても素敵です。