VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#320 『ゆらぎの街のアリス』(古代祐三/NAMCO x CAPCOM/PS2)

www.youtube.com

ナムコカプコンによるクロスオーバーシミュレーションRPGナムカプより、

古代祐三作曲、『ゆらぎの街のアリス』。

主人公・有栖零児とその相棒兼ヒロイン・小牟のテーマ曲で、戦闘曲の一つ。

カプコンの許諾を受け、モノリスソフトが開発し、ナムコが発売した本作。両社から総勢200以上の個性豊かなキャラクターが登場するオールスター作品として、いたるところにネタを散りばめながら新旧の人気キャラが夢の共演を果たす。お祭りゲーの醍醐味である曲者揃いのキャラクター同士の掛け合いはかなり調和がとれていて、本作オリジナルキャラの評価も軒並み高い。

本作の音楽を担当するのは古代祐三氏。1980年代からゲーム音楽業界に携わっているベテラン作曲家である。本作はクロスオーバーという性質上、様々なゲームから様々な名曲が流用されているが、そのなかでも氏の手によって本作用に書き下ろされた楽曲はいずれもクオリティが高い。とりわけ氏にとって初の歌モノとなった本作のOPは、アニメーションの素晴らしさと相まって、ファンの間で長く愛され続けている。

本作のオリジナルキャラであり、数少ない常識人としてまとめ役を一手に引き受ける主人公・有栖零児と、その相棒で師匠でマニアックなパロディを連呼する剽軽なヒロイン・小牟、二人のテーマ曲として主に戦闘場面で流れるのがこの曲である。高密度なパーカッションにハードなエレキギターの音色が轟き渡るクールなロックナンバーで、34秒あたりから冷静沈着な雰囲気を漂わせるピアノが加わると、激しさのなかに静けさが綺麗に溶け込んでクロスオーバーする。全編を貫くヒロイックな疾走感が非常に爽快な一曲である。

二人が登場するムゲフロEXCEEDでは花岡拓也氏によるアレンジ『ゆらぎの街のアリス (Ver. EF EXCEED)』があり、さらにPXZ2でも新規アレンジが用意されています。特に後者は力強さと美しさの両方が強化されていて、聴き応え抜群です。ムゲフロ(上)、PXZ(下)、あわせてどうぞ。

www.youtube.com

www.youtube.com