VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#324 『力いっぱい握り締めて』(青山響・桜庭統/テイルズ オブ グレイセス/Wii)

www.youtube.com

バンナムが手がける守る強さを知るRPGテイルズオブグレイセスより、

青山響・桜庭統作曲、『力いっぱい握り締めて』。少年時代の戦闘曲。

テイルズのマザーシップタイトル12作目にして、外伝のラタトスクを除くと初のWii用の作品として登場した本作。スタイルシフトリニアモーションバトルシステム、通称SS-LMBSと呼ばれる、従来のLMBSを進化させた新しい戦闘システムを搭載していて、3D戦闘の出来はシリーズのなかでもとりわけ完成度が高い。シナリオやキャラクター造形も手堅くまとまっているが、バグの多さが最大の難点で、後に修正を加え追加シナリオも収録したPS3への移植版・エフが発売された。

本作の音楽を担当するのは青山響(田村信二)氏と桜庭統氏。シリーズ初代のTOP以来、TOIを除いて作曲し続けているおなじみのタッグである。本作では戦闘曲がかなり充実しているのが特徴で、地域ごとに通常戦闘曲が異なっているほか、ボス戦なども複数用意されていて、エフでの新曲も戦闘曲が占める割合が高い。ただしエフの楽曲はサウントトラックで未だ音源化されておらず、非常に悔やまれる。

ゲーム開始直後の少年時代、年端もいかない幼気な少年少女たちが全力を賭して戦う際に流れるこの曲は、青年時代のウィンドルでの通常戦闘曲『抜刀!研ぎ澄ませ!』のアレンジである。エレキギターを轟かせたクールでロックな青年時代のものとは違い、こちらではメインメロディーは共通しているものの全体的にポップでキュートな音使いへと差し替えられていて、その煌びやかな鉄琴や純粋無垢な笛の音が、健気な印象を与える。少年時代は本来漢字が使われるところの技名がひらがなで表記されるなど、演出面での工夫も凝らされていて、遊び心が詰まった一曲となっている。

楽器を変えれば曲の雰囲気ががらっと変わるよ、というのを体現していますね。ぜひ『抜刀!研ぎ澄ませ!』と聴き比べてみてください。

www.youtube.com