VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#328 『絶対魔獣戦線:メソポタミア』(芳賀敬太/Fate/Grand Order/iOS・And)

www.youtube.com

TYPE-MOONがおくる英霊召喚RPGFGOより、

芳賀敬太作曲、『絶対魔獣戦線:メソポタミア』。七章後半のマップで流れます。

TYPE-MOONの代表作であり、アニメに漫画に劇場版に、様々な大規模なメディアミックスが展開されるFateシリーズのスマホ向けRPGとして登場した本作。滅亡の危機に瀕した世界で、英霊を召喚し契約する力を持つマスターとなったプレイヤーは、過去に生きた英霊たちとともに聖杯探索へ赴くことになる。ジャンルとしてはコマンドカードバトルに分類され、アップデートにより随時追加される新要素が、ファンを魅了し続けている。

本作の音楽を担当するのは型月所属の芳賀敬太氏やJames Harris氏を中心とする複数の作曲家たち。コラボの際には梶浦由記氏や深澤秀行氏といったアーティストも参加している。大型のアップデートでは新規の楽曲が多く収録され、2015年のサービス開始以来、すでに現段階で三枚組のサウンドトラックが二つも発売されているなど、曲数の豊富さが窺える。いずれも本作の退廃的な世界観にふさわしいダークファンタジー調のものが取り揃えてある。

第1部のクライマックスにあたる第七特異点・絶対魔獣戦線バビロニアの後半にて流れるのがこの曲である。前半で流れる『絶対魔獣戦線:バビロニア』の開放感あふれるヒロイックな雰囲気から一転、この曲は首尾一貫して緊迫した悲愴感を漂わせている。コーラスとストリングスの重厚なイントロから始まり、ピアノによる粛々とした伴奏が、刻一刻と悪化する事態の深刻さ、もはやどうすることもできない絶望感を、如実に表現している。滲み出る諦観と、それでも頑として戦い抜かねばならぬ悲哀が、見事に混ざり合った一曲である。

この曲のアレンジとして『生命院サブナック』というのがあり、そちらはますます緊張を煽るような仕上がりとなっています。『絶対魔獣戦線:バビロニア』、『生命院サブナック』、あわせてどうぞ。

www.youtube.com

www.youtube.com