VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#330 『振り向かないと決めた日』(岸利至・水谷広実/スーパーロボット大戦X/PS4・PSV)

www.youtube.com

B.B.スタジオがおくるクロスオーバーシミュレーションRPGスパロボより、

岸利至水谷広実作曲、Xの『振り向かないと決めた日』。

アマリの必殺技使用時のテーマ曲。

古今東西のロボット作品のキャラクターたちが一堂に会するスパロボシリーズのうち、前作のVと同じくPS4とVita向けに発売された本作。地球ではない異世界アル・ワースを舞台に、魔従教団の一員である主人公は、教団から奔走して、様々な時空からやってきた者たちと交流するうちにやがてアル・ワースの存亡の危機に立ち向かうことになる。シリーズ初参戦の魔神英雄伝ワタルに焦点を当てた物語が特徴で、本作オリジナルの主人公(男ならイオリ・アイオライト、女ならアマリ・アクアマリン)の機体は、専用のMagicカスタマイズシステムにより、様々な特殊効果を付与することができる。いつも通り充実しているクロスオーバー要素と相まって、手堅くまとまった仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは岸利至氏と水谷広実氏。編曲には本作のサウンドディレクターでもある有馬孝哲氏やタイトロープも参加している。このうち岸氏は主にJ-POPへの楽曲提供で活躍するミュージシャンで、スパロボシリーズには第2次OGDP以来の参加である。また、水谷氏は映画やアニメの劇伴を担当することの多い作曲家で、前作Vから引き続き作曲に携わっている。本作オリジナルの楽曲に関しては、とりわけ主人公のテーマを中心にドラマチックな熱さを持つものが揃っている。サウンドトラックは現時点では未発売だが、作中のサウンドセレクトで自由に再生できる。

各二曲用意されている主人公のテーマのなかで、藍柱石の術士という二つ名を持つ女主人公アマリ・アクアマリンが必殺技を使用した際に流れるのがこの曲である。通常時の機体BGM『旅立ちの季節』と同じく、優雅なシンフォニックサウンドエレキギターを組み合わせたものとなっているが、どこか可愛らしさが残るそちらとは違い、この曲はストレートに情熱的な、まさしく主人公機にふさわしい格好良さを誇る。イントロからしてすでに『旅立ちの季節』とは決定的に異なる雰囲気を醸し出していて、続くキャッチーなメロディーラインは、己の信じた道、すなわち自由のために全力を注ぐ彼女の姿を彷彿させる。どんな逆境にも屈せず、気弱で臆病だった過去の自分を完全に乗り越えた彼女にぴったりなヒロイックな一曲である。

『旅立ちの季節』もあわせてどうぞ。

www.youtube.com