VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#340 『終点』(植松伸夫/大乱闘スマッシュブラザーズX/Wii)

www.youtube.com

ソラがおくるオールスター対戦型アクション・スマブラより、

植松伸夫作曲、Xの『終点』。同名のステージで流れます。

様々なゲームからのキャラクターが結集し、白熱した試合を繰り広げるスマブラシリーズのうち、HAL研から有限会社ソラに開発が移った初の作品として、Wiiで発売された本作。任天堂のオールスターはもちろん、セガソニックコナミのスネークなど、メーカーの枠を超えた複数のキャラが新たに参戦したことが特徴である。キャラごとに異なる必殺技を放てる最後の切りふだや、亜空の使者と呼ばれるクロスオーバー型のアドベンチャーモード、さらには待望のオンライン要素も搭載していて、圧巻のボリュームを誇る仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのはゲーム音楽界で活躍する数多くの作曲家たち。前作まではHAL研が開発していた都合上、安藤浩和氏や酒井省吾氏などが中心となって作曲および編曲を担っていたが、本作では彼ら以外にも実に40近くの作曲家たちが一堂に会している。そのなかでも植松伸夫氏は、本作の核となるメインテーマの作曲を務める大役を果たしている。本作から新たに導入されたステージごとに自分好みに音楽を設定できるオレ曲セレクトというシステムにより、今まで以上に本格的に音楽を堪能できる仕上がりとなっている。サウンドトラックは未発売だが、作中にサウンドテストが存在する。

終点、本作の対戦ステージのなかで最もシンプルな構造をした、最もプレイヤーの実力が問われるであろう場所で流れるのがこの曲である。壮大なオーケストラとコーラスを組み合わせた、本作のメインテーマのアレンジであり、まさに真剣勝負という張り詰めた雰囲気を体現した猛々しい一曲である。30秒あたりから疾走感あふれるエレキギターを取り入れることで乱闘というシチュエーションにぴったりな盛り上がりを見せ、ピアノやストリングスと絡み合ってさらに激しく曲が展開していくと、ふと1分27秒でオルゴールの優しい音色が挿入される。そこからは希望に満ち溢れた曲調が続き、40秒間にも及ぶ長い間奏の末、やがて再びループへと回帰する。宇宙や星空を背景とした荘厳なステージにふさわしい、本作の代表曲である。

スマブラSP発売記念に。サウンドテストで作曲家別に参照できる項目がほしいです。メインテーマ、あわせてどうぞ。

www.youtube.com