VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#343 『Fullmetal Fighter』(迫田敏明/武者アレスタ/MD)

www.youtube.com

コンパイルがおくる縦スクロールロボットシューティング・アレスタより、

迫田敏明作曲、武者アレスタの『Fullmetal Fighter』。1面道中で流れます。

ザナックの精神的後継作として登場したアレスタシリーズ。同一のシリーズのなかでも作品によって世界観が異なることで知られるが、本作はとりわけアレスタ外伝や電忍アレスタとともに和風路線をとっている。本作では暴走したスペースコロニーの中枢システム・大亜51を鎮めるべく、主人公はMUSHA部隊の一員となってアームドアーマー・アレスタを駆ることになる。派手な演出や豪快な展開が特徴で、自分好みにオプションを付け加えることで難易度をある程度調整できる仕上がりとなっている。残念ながら開発元のコンパイルも発売元の東亜プランもすでに倒産しているが、幸いなことにバーチャルコンソールが配信されている。

本作の音楽を担当するのは迫田敏明氏。当時コンパイルに所属していた作曲家で、前年のアレスタ2に引き続き、本作では全曲を単独で作曲している。本作では濃厚なSF的作風や、迫力たっぷりに明滅する画面にあわせて、無機質ながらも熱気に満ちたヘヴィメタル調の楽曲が揃っている。サウンドトラックは後に22年の時を経て、ナグザットシューティングコレクション(ナグザットはVC版の配信元である)にて初めて音源化された。

開幕早々壊滅的な被害を受け、撤退を余儀なくされたMUSHA部隊だが、主人公は上官の命令に反してたった一機で敵要塞を叩くことになる。そんな導入のムービーに続いて始まるROUND1で流れるのがこの曲である。鮮烈に響き渡る、非常に勢いあふれるメタリックサウンドが、プレイ中は砲撃音のSEなどと重なって騒々しく響き、道中に登場する朱塗りのレールや日本家屋を模した奇天烈な兵器と相まって、強烈なインパクトを与える。メロディーラインがはっきり現れる40秒以降、主旋律の背景に、明るく突き抜けるような高音のアルペジオによる伴奏が挿入されることで、刻一刻と目まぐるしく変化する戦況をうまく表現していて、無理を通してでも敵陣に攻め込もうとする独断的で攻撃的な意気込みを感じさせる。ゲーム開始直後の1面というシチュエーションにふさわしい、切り込み隊長的な役割を果たすパワフルな一曲である。

ちょっと前にエスプレイドの移植決定とともにアレスタの新作について発表がありましたね。楽しみです。