VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#347 『下水道』(伊藤賢治/ロマンシング サ・ガ/SFC)

www.youtube.com

スクウェアが手がけるフリーシナリオ型RPGロマンシングサガより、

伊藤賢治作曲、『下水道』。エスタミル地下水道などで流れます。

それまでゲームボーイで展開されていたサガシリーズのうち、4作目にしてスーファミへの初参戦を果たした本作。境遇の異なる8人の主人公が織り成す悲喜交々の群像劇は、当時としてはエポックメイキングなフリーシナリオ制の導入により、非常に自由度が高い斬新な冒険が楽しめる。印象的な台詞回しやシリーズ恒例のバグの多さは後年でも語り草になるほど異彩を放っていて、後にシステムまわりをリファインしてPS2向けにリメイク(ほぼ新作並みの大幅な改変)を施したミンストレルソングが登場した。

本作の音楽を担当するのは伊藤賢治氏。おなじみ当時スクウェアに所属していた作曲家で、サガシリーズには2の秘宝伝説以来の参加である。本作含め、以降のシリーズでは氏が軒並み単独で作曲している。ハードが携帯機から据え置き機に移行したことにより、もともと音源的な制約が厳しいなかでも良曲揃いだったサガシリーズサウンドはさらなる進化を遂げ、本作の楽曲は未だに根強い人気を誇るものも多い。ミンサガではもはや原形をとどめないレベルで大胆にアレンジされている。

とりわけ本作屈指の人気曲として名高いこの曲は、エスタミル地下水道やその他のダンジョンで流れる一曲である。無粋な曲名とは裏腹に、勇ましく、どこか悲壮を漂わせるクールなメロディーラインが特徴で、絶えず響き渡るハイピッチな伴奏や、リズムを刻む軽快なパーカッションと相まって、冒険心をとことんまでくすぐってくれる。ミンサガでは伊藤氏のセルフアレンジにより、ますます下水道のイメージから遠のくようなエレクトリカルなトランス系の曲調となっている。

戦闘曲ではないのにバトルアレンジアルバム(「閃」)に収録されているのはさすがです。ミンサガユーロビート寄りだとすると、閃のはあえて言うならばアフロビート寄りな、ファンクっぽい雰囲気です。二つともあわせてどうぞ。

www.youtube.com

www.youtube.com