VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#348 『Ale che non cadono -堕ちない翼-』(内藤那津子/ピンクスゥイーツ ~鋳薔薇それから~/AC)

www.youtube.com

ケイブがおくるスチームパンク縦スクロール型シューティング・鋳薔薇より、

内藤那津子作曲、ピンクスゥイーツの『Ale che non cadono -堕ちない翼-』。

6面で流れる曲で、曲名の前半の横文字はイタリア語。

19世紀のヨーロッパを舞台にした、重厚でエレガントなスチームパンク風の世界観が特徴の鋳薔薇。その続編として登場した本作は、前作では敵側だったローズ姉妹を主人公に、一転してお色気要素を全面に押し出した意欲作である。それでいて例に漏れずかなりの高難度を誇り、ポップでコミカルな路線とは裏腹にシビアなプレイングを要求される仕上がりとなっている。後に同じイロモノ路線のむちむちポークとともにXbox360に移植された。

本作の音楽を担当するのはケイブ所属の内藤那津子氏や松本大輔氏など、総勢七名の作曲家たち。うち五名は後のむちポで作曲を務めるなど、両方セットで移植されるだけのことはある。本作の楽曲は癖だらけのゲーム性とは異なり、いずれもシューティングというジャンルにぴったりな、直球のテクノサウンドで、内藤氏が作詞作曲、ボーカルまで担当するイメージソングこそものすごく珍妙だが、その奇抜さがかえって人気を得ることになった。サウンドトラックは二枚組で、一枚目はオリジナル音源、二枚目は古代祐三氏や細江慎治氏などの精鋭によってアレンジされた音源を収録している。

全7面構成のうち、第6面では「CLOUDS 雲の向こうへ続く」という副題の通り、ステージ全体に厚い雲が垂れ込める。そこで流れるこの曲は、雲の絨毯を颯爽と駆け抜けるかのごとく爽やかな旋律が非常に心地良い一曲である。最初から最後まで、終始ハイテンポで疾走感たっぷりに奏でられるが、そこには確固たる哀愁も見え隠れしていて、ここまで来たならこのまま突き進むしかない、という思いを強めてくれる。ちなみに余談だが、6面でフリーズするバグがある。

バグったらせめてこの曲を聴けたことを心の慰めにしましょう。イメージソングの『Canzone Di Amore Di Ross -IBALOVE☆SONG-』、よろしければどうぞお聴きください。

www.youtube.com