VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#350 『エアライド:スチールオーガン』(石川淳/カービィのエアライド/GC)

www.youtube.com

HAL研がおくるシリーズ唯一のアクションレースゲーム・カービィのエアライドより、

石川淳作曲、『エアライド:スチールオーガン』。スチールオーガンで流れます。

横スクロールアクションの金字塔として知られる星のカービィシリーズのうち、現時点で唯一のレースゲームにあたる本作。ややこしい操作を省き、スティックとAボタンのみの簡単操作で気軽に楽しむことができ、個性的なエアライドマシンを駆ってコースを縦横無尽に疾走する快感が魅力である。お題に沿って攻略するクリアチェッカーなるやり込み要素は、ぜんぶで360個に及ぶなど、非常に充実していて、その他にも多数確認される隠しテクニックの豊富さにより、未だに最速を目指してタイムアタックに挑むプレイヤーもいるとか。

本作の音楽を担当するのはHAL研所属の安藤浩和氏、池上正氏、石川淳氏、酒井省吾氏といったおなじみの顔ぶれに加え、当時ちょうどアニメ版が放送されていたことを受けて、劇伴の作曲をしていた宮山彬良氏も参加している。本作の楽曲は、アニメのBGMを原曲そのまま用いているものもあれば、過去作の曲をアレンジしたものもあり、幅広いカービィサウンドが収録されている。もちろん本作オリジナルの楽曲も力作揃いで、すくなからず例外はあるが、全体的にオーケストラ調で統一した豪華な仕上がりとなっている。

その例外の最たるものが、スチールオーガンにて流れるこの曲である。スチールオーガンでは、いたるところ機械に覆われた怪しげな施設を駆け抜けることになり、コース中の急カーブや機械仕掛けの障害物の多さから、操作を誤ると甚大なタイムロスが発生しやすい。そうしたシビアな状況下で奏でられるこの曲は、メタリックな電子音で構成された重厚なエレクトロニカのトラックである。不気味ということばが似つかわしいダークな音使いが特徴で、神秘的な女性コーラスに続いて挿入される、お経のようなドスの効いたボイスが、何より強く印象に残る。お経のアカペラが終わると、一気に畳みかけるかのごとく、美しく煌びやかな音色が響き渡り、不気味さと面妖さが綯い交ぜになった斬新奇抜な曲調が、聴く者の記憶に鮮烈に刻み込まれる。

長らく誰が作曲したのか分からなかったのですが、ロボボに原曲のまま収録されたおかげで判明した、という曰く付きです。個人的にはロボボのどの曲よりもメカメカしい感じがして、とても気に入っています。